NTTドコモ、高齢者向け腕時計型ウェアラブル「Docotch」を展示 | RBB TODAY

NTTドコモ、高齢者向け腕時計型ウェアラブル「Docotch」を展示

エンタープライズ フォトレポート

腕時計型なので単体でGPS端末を持たすよりもなくしにくく、壊れにくいのが特徴《撮影:編集部》
  • 腕時計型なので単体でGPS端末を持たすよりもなくしにくく、壊れにくいのが特徴《撮影:編集部》
  • 内蔵センサーで計測した周囲の環境をモニターでき、注意喚起なども行ってくれる《撮影:編集部》
  • 仮に迷子になってしまった場合も「イマドコサーチ」で居場所の検索が行える※要契約《撮影:編集部》
  • ドコッチを付けている人のリアルタイムの状態をスマホで確認可能《撮影:編集部》
  • 最大6台のPC・スマホとペアリングすることができるので家族での見守りも可能《撮影:編集部》
  • より小型化したペンダントタイプやより外れにくいベルトなども参考展示されていた《撮影:編集部》
 1月28・29日に東京ビッグサイトで開催された「高齢者生活支援サービス展2015」。NTTドコモのブースでは、高齢者を見守り、介護者の不安や負担を軽減する腕時計型ウェアラブル情報端末「Docotch(ドコッチ)」が展示された。

 徘徊・迷子対策としてGPSと3G通信で位置情報を検索できる「イマドコサーチ」や、Bluetoothでスマホとペアリングし、ドコッチを装着した高齢者が一定距離を離れるとドコッチとスマホ双方に通知する「見守りアラート」などの機能がある。

 また、内蔵センサーで周囲の湿度・温度や「動いている」「休んでいる」などの活動状態を把握することで健康状態への配慮も可能。連続待ち受け時間は約72時間。発売は3~4月の予定。高齢者見守り以外にも、子供の防犯対策として活用できる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top