介護福祉施設・高齢者住宅向け見守りシステム「Eye・ねっと」 | RBB TODAY

介護福祉施設・高齢者住宅向け見守りシステム「Eye・ねっと」

エンタープライズ セキュリティ

「Eye・ねっと」は介護職員の負担軽減し、入居者の安全を効率的に管理できるシステムだ《撮影:編集部》
  • 「Eye・ねっと」は介護職員の負担軽減し、入居者の安全を効率的に管理できるシステムだ《撮影:編集部》
  • センサーは電池交換及び配線不要のソーラーセル。必要に応じてAC電源に繋いで使用も可能だ《撮影:編集部》
  • 離床センサー、開閉センサー、温湿度センサー、人感センサー、呼び出し用スイッチなど用途に合わせてチョイスできる《撮影:編集部》
  • PCの管理画面。分かりやすい表示で簡単に管理が可能だ。写真の画面は玄関の人感センサーが反応した際の表示《撮影:編集部》
 エス・アイ・システムは28・29日に東京ビッグサイトで開催された「高齢者生活支援サービス展 2015」にて、高齢者介護福祉施設・高齢者住宅向け見守りシステム「Eye・ねっと」を展示した。

 センサー本体は電池交換及び配線不要のソーラーセルを採用。コードレスのセンサーを設置してドアの開け閉めや離床を感知し、その情報をPCで管理することで事故を未然に防ぐほか、温湿度センサーで各部屋の室温を管理して熱中症や風邪の予防など、より快適な環境を提供できるとしている。

 各種センサーと連動させたシステムのため、介護福祉施設などであれば、入居者がベットから離れたり、部屋から出たことを管理画面だけで把握することが可能。また、ソーラーセルを使っているのでセンサー自体は太陽光が入る場所なら、配線を気にすることなく設置することもできる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top