防犯カメラピックアップ04~DIY設置が可能なバリフォーカルカメラ「VK-P600X」 | RBB TODAY

防犯カメラピックアップ04~DIY設置が可能なバリフォーカルカメラ「VK-P600X」

ブロードバンド セキュリティ

本体サイズは101W×193H×271Dmm、重さは1,055g。専用ブラケットだけでなく取付金具や専用工具も付属する
  • 本体サイズは101W×193H×271Dmm、重さは1,055g。専用ブラケットだけでなく取付金具や専用工具も付属する
  • コンクリート壁面への取り付け例。デジカメでは赤外線LEDの発光が写るが、肉眼ではほぼ見えないのがポイント
  • 日中の広角撮影のサンプル。日陰と直射日光下という厳しい状況でも白飛びせず撮影できている
  • 同じく日中撮影での望遠側でのサンプル。レンズを調整するだけでよりアップでの撮影ができる
  • 同じカメラでの夜間の広角撮影。赤外線独特の色味になるが鮮明度はむしろアップした印象
  • 同一条件での望遠側での撮影。街灯や車両灯火がある状況ながら全体的に安定した露出だ
 マンションや工場といった複数台の防犯カメラが必要な状況では、きちんとした専門業者による設置が必須だが、「個人宅でガレージに設置したい」「小さな事務所なので1台だけでいい」という要望もあるだろう。そんな時に活躍する、手軽にDIYで設置が可能な防犯カメラがコロナ電業の「VK-P600X」だ。

 VK-P600Xは有効画素数48万画素(1/3型CCD)を搭載するアナログ式カメラで昼夜兼用の有線式。取り立てて珍しい機能はないが、逆にシンプルで扱いやすい。

 レンズはバリフォーカルタイプで水平視野角30~65度。設置した後で、写りを確認しながら撮影画角を調整することができる。DIY設置だと撮影に最適な場所に取り付けられない可能性があるが、広角~中望遠で後から調節できるのはありがたい。

 また、IP66相当の防水機能も備えており、屋外で雨ざらしでの設置も問題ない。高感度+高解像度を実現するソニーのEffio-Eシステムを採用し、昼夜切り替え式のフィルターや大口径8mmの赤外線LEDを24発搭載。夜間の照射距離は30~40mにも達する。また、日中の屋内から入り口を撮影する場合に必須となる逆光補正機能も搭載している。

 配線は電源+同軸ケーブルというアナログ式カメラの基本的なもので、ACアダプタと記録装置に接続するだけでOK。配線の処理に気を配れば、DIYによる設置も可能だ。また、メーカーのwebではDIY設置をサポートするような「配線図」や「導入事例」、「配線作業の例」などを公開しているので参考になるだろう。

 「そこまで本格的な防犯システムは必要ないけど、ちゃんとした防犯カメラが欲しい」という一般家庭で多いと思われるニーズに対応できる「基本な防犯カメラ」がVK-P600Xといえる。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top