亀梨和也、「タイプの女性に弱い」と言われ「自覚ある」 | RBB TODAY

亀梨和也、「タイプの女性に弱い」と言われ「自覚ある」

エンタメ 映画・ドラマ

テレンス・リー(軍事評論家・危機管理コーディネーター)&晴香葉子(心理コンサルタント)/『ジョーカー・ゲーム』試写会
  • テレンス・リー(軍事評論家・危機管理コーディネーター)&晴香葉子(心理コンサルタント)/『ジョーカー・ゲーム』試写会
  • テレンス・リー(軍事評論家・危機管理コーディネーター)&晴香葉子(心理コンサルタント)/『ジョーカー・ゲーム』試写会
  • テレンス・リー(軍事評論家・危機管理コーディネーター)&晴香葉子(心理コンサルタント)/『ジョーカー・ゲーム』試写会
スパイ映画『ジョーカー・ゲーム』で敏腕スパイを演じている亀梨和也が、1月20日(火)に開催された試写会に登壇。亀梨さんは果たして本当にスパイに向いているのか? を測る“適性検査”を受けたが「女性に弱いちょっとHなスパイ」という結果に会場が沸いた。

柳広司の人気小説を『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠監督が映画化。戦争に向けて緊張が高まる中、諜報を任務とする“D機関”の一員となった青年が、各国が入手を目論む新型爆弾の設計図を巡り奮闘するさまを描く。

この日は、亀梨さんに加えて、軍事評論家で危機管理コーディネーターとしてバラエティ番組などでも活躍するテレンス・リー、心理コンサルタントの晴香葉子も出席し、フィジカルとメンタルの両面から亀梨さんの“スパイ適性”を診断!

フィジカル面ではテレンスさんが投げたボールをどのようにキャッチするか? イスにどう座り、どのように立ち上がるか? さらに筋肉の付き方まで細部にわたってチェック。メンタル面では晴香さんが、様々な心理テストを仕掛け、その答えから亀梨さんの内面や人間性を探った。

亀梨さん自身、検査前は自身はスパイに「向いてない!」と断言。「酒が入ると『オレ、スパイなんだ。マジで内緒ね!』って言っちゃいますよ(笑)」と語っていたが、結果やいかに…?

まず、フィジカル面だがテレンスさんは「均整がとれた体ですが、大事なのは下半身。ふくらはぎのヒラメ筋が跳躍や粘りで一番大事ですがすごく発達してる。ぶら下がったりするときの広背筋もしっかりしてる!」」と絶賛。イスに浅過ぎず深過ぎず座ったことに関しても「浅いとすぐに動けるけど、疑われやすいし、深く座ると動けない。(亀梨さんは)完璧な座り方で文句のつけようのない!」と手放しで称賛する。唯一、マイナスだったのがボールのキャッチの仕方で、両手でしっかりと受けたのは「慎重さ」を表しているが、どちらの手も塞がってしまうのはスパイとしてマイナスと判断したとのこと。

一方、心理面では「自宅に爆弾が仕掛けられました。どこから探す?」という問いに、亀梨さんは「リビング」と回答。これは、価値観、大事にしている場所を示すということだが、自室ではなく家族や客も来るリビングを選んだことは、自分のことではなく、家族や友人、恋人の方を大切にする性格を指しているとのこと。自分以外を優先する姿勢はスパイ向きと言えるが、晴香さんは「ハニートラップにかかりやすい性質。女性に弱いタイプ」とも指摘する。

このほか、いくつかの設問への答えを踏まえ最終的に「93%」と高いスパイ適性を見出された亀梨さん。だが、晴香さんが最後に「チームに新たな女性メンバーが入ってきたとき、まず彼女のどこを見るか?」という問いを投げかけると、少し考え「目ですかね?」と答えた。晴香さんによると「目と答えた人は“見た目重視”」とのことで「タイプの女性に弱い」とも。やはり、スパイとして高い能力を輸しつつも、女性でつまづく傾向が見られるよう…。亀梨さんは「女性に弱い、ちょっとHなスパイ」という診断結果に「自覚あります(笑)」と語り、女性ファンで埋まった客席からは笑いと歓声が上がっていた。

『ジョーカー・ゲーム』は1月31日(土)より全国にて公開。

亀梨和也、“ハニートラップ”に要注意? 本人は「自覚ある」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top