災害に強い街づくりを! 奈良県で「ICT街づくりサミット(地方版)@葛城」が開催へ | RBB TODAY

災害に強い街づくりを! 奈良県で「ICT街づくりサミット(地方版)@葛城」が開催へ

ブロードバンド その他

総務省が掲げる「ICT街づくり推進会議」は「ICTスマートタウン」の実現に向けた実証プロジェクトを推進している。(画像は総務省webサイトより)
  • 総務省が掲げる「ICT街づくり推進会議」は「ICTスマートタウン」の実現に向けた実証プロジェクトを推進している。(画像は総務省webサイトより)
  • 総務省は、消防防災、情報通信など国民の経済・社会活動を支える基本システムを所管する省庁だ(画像は総務省Webサイトより)
 総務省は奈良県葛城市で「ICT街づくりサミット(地方版)@葛城」を2月6日に開催する。ICT活用の成果発表、実証成果の普及、近隣自治体からの関心向上などを目的とした、地方版「ICT街づくりサミット」の第1回会合となる。

 総務省が推進している「ICT街づくり推進事業」は、ICT(Information and Communication Technology/情報通信技術)を活用した防災、経済活性化、国際競争力の強化などを掲げたプロジェクトだ。

 ITCを活用した街づくりの姿として「ICTスマートタウン」が定義され、「平時のICT利活用と緊急時、災害時における防災、減災機能の発揮」「共通ID等によるリアルタイムデータや行政保有データ等のビッグデータの利活用」「ICTインフラ基盤やインタフェースの確保による住民参加」「将来的な発展性や拡張性の確保」「明確な街づくり戦略の下での民産学公官の連携体制」の実証プロジェクトが実施されている。

 葛城市のサミットは奈良市の當麻文化会館で実施。傍聴申し込みは、総務省近畿総合通信局情報通信部情報通信振興課へのメールで受け付けている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top