車椅子利用者や高齢者などの移動をサポートする「ダイバシティ・ナビゲーション」実験開始 | RBB TODAY

車椅子利用者や高齢者などの移動をサポートする「ダイバシティ・ナビゲーション」実験開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

技術実証の概要
  • 技術実証の概要
  • ソーシャル・バリアフリーマップの生成イメージ
  • パラメトリック地図技術によるナビゲーション
 日本電信電話(NTT)は15日、車椅子やベビーカーで移動される方や高齢者、訪日外国人などの身近な移動を安心・便利にサポートする「ダイバシティ・ナビゲーション」の実現に向けた研究開発の推進を発表した。東京駅周辺における実証実験に参画する。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催時に高度な測位環境を活用したさまざまなサービスの実現を目指す「東京駅周辺高精度社会プロジェクト検討会」を国土交通省が立ち上げており、1月下旬から、東京駅およびその周辺において、実証実験を行う予定となっている。

 NTTは、このプロジェクトおよび実証実験に参画。NTTの研究所が持つ地図技術を用いて、車椅子に付けた加速度センサなどから、段差や移動軌跡などの情報を取得・解析し、車椅子やベビーカー、歩行者などの移動を支援する「ソーシャル・バリアフリーマップ」を作成する。また、画像認識技術を用いて、スマートフォンで看板など周辺を撮影することで、現在地を特定し、目的地へのナビゲーションを行う技術、地図データをオブジェクトに変換し、サービス毎に高度なカスタマイズを可能にする「パラメトリック地図」によるナビゲーションの検証などを行う予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top