小栗旬、愛娘の“手”写真をお披露目! | RBB TODAY

小栗旬、愛娘の“手”写真をお披露目!

エンタメ その他

小栗旬&自身が撮影した愛娘の“手”写真/ニコン新製品「D5500」CM発表会見
  • 小栗旬&自身が撮影した愛娘の“手”写真/ニコン新製品「D5500」CM発表会見
  • 小栗旬&自身が撮影した愛娘の“手”写真/ニコン新製品「D5500」CM発表会見
  • 小栗旬/ニコン新製品「D5500」CM発表会見
  • 小栗旬/ニコン新製品「D5500」CM発表会見
  • 小栗旬/ニコン新製品「D5500」CM発表会見
  • 小栗旬/ニコン新製品「D5500」CM発表会見
  • 小栗旬/ニコン新製品「D5500」CM発表会見
俳優の小栗旬がニコンの新製品「D5500」のCMキャラクターに起用され、1月14日(水)に都内での会見に出席。昨年、生まれた愛娘の“手”を自ら撮影した写真をお披露目し、「今後もなるべく子どもの写真を撮ってあげたい」と良きパパの顔を見せていた。

また、愛娘の“お食い初め”のために、妻でモデル・女優の山田優が作ったと言う料理の写真も披露。「いつかカメラのCMに出たかったので、嬉しいし光栄」と話す小栗さんは、「昔はカッコつけて、風景を撮っていたが、いまは人物が多い。周りにフォトジェニックが多いので…」と話していた。

小栗さんが出演するのは、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D5500」テレビCM『これがウチの一眼レフ』編。小栗さんがCMでは初の父親役に挑戦し、自由気ままに動き回る子どもたちの生き生きした瞬間を“パパ目線”で撮影するという内容で、 2月5日(木)から全国でオンエアされる。

共演した男の子について「とにかく自由! 気分で仕事する姿が、うらやましかった」のだとか。「自分も父親になったので、しっかり叱れる父親になれたら」と目指す父親像にも言及していた。

「D5500」はWi-Fi機能や直感的な操作が可能なタッチパネルを採用したバリアングル液晶モニターを搭載。バリアングル液晶モニター搭載のデジタル一眼レフカメラとしては、世界最小・最軽量(2015年1月6日現在)を実現した。有効画素数は2416万画素。画像処理エンジン「EXPEED 4」とニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載している。2月5日から発売予定(オープンプライス)。

小栗旬、自ら撮影した愛娘の“手”写真をお披露目!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top