竹野内豊と交際中の倉科カナ、理想の夫婦像語る | RBB TODAY

竹野内豊と交際中の倉科カナ、理想の夫婦像語る

エンタメ 映画・ドラマ

夫婦役を演じる、玉木宏&倉科カナ/ドラマ「残念な夫。」制作発表会見
  • 夫婦役を演じる、玉木宏&倉科カナ/ドラマ「残念な夫。」制作発表会見
  • 玉木宏&倉科カナ&黒木啓司(EXILE)&大塚寧々&岸谷五朗/ドラマ「残念な夫。」制作発表会見
  • 玉木宏&倉科カナ/ドラマ「残念な夫。」制作発表会見
  • 玉木宏/ドラマ「残念な夫。」制作発表会見
  • 倉科カナ/ドラマ「残念な夫。」制作発表会見
  • 大塚寧々/ドラマ「残念な夫。」制作発表会見
  • 岸谷五朗/ドラマ「残念な夫。」制作発表会見
  • 黒木啓司(EXILE)/ドラマ「残念な夫。」制作発表会見
フジテレビ系連続ドラマ「残念な夫。」の制作発表会見が1月11日(日)に東京都内で行われ、主演の玉木宏、倉科カナが出席した。

俳優の竹野内豊と交際中の倉科さんは「ハーフ・ハーフ。辛い時も楽しい時もお互いがお互いを支え合いながら…。そういう夫婦がいいと思った」と理想とする夫婦像を挙げるも、去り際に記者からの「理想の夫は出来そうですか?」との質問には特にリアクションを取らず、スルーしていた。

現代劇で自身初の父親役に挑戦する玉木さんは「妻の痒いところに手が届くような行動をする。子どもが幼いうちは仕事とかで離れている時間が多いけれど、妻が何を求めているのかを把握していれば、いい夫婦になるのではないか」と理想の夫婦を形作るための持論を展開。子どもが産まれても趣味に走るなど、妻からダメ夫との烙印を押されてしまう役どころだが「友達ではそういう人がいますが、僕はそうならないようにしたい。このドラマで学びたいですね」と未婚ながらも襟を正していた。

撮影では、8か月の赤ちゃんが玉木さん・倉科さん夫婦の子ども役。倉科さんが「人見知りが始まってしまっているので、接して慣れていきたいけれど、なかなか難しい」と赤ちゃんとの共演に苦労を覗かせると、玉木さんは倉科さんの母親ぶりについて「撮影の空き時間でもコミュニケーションをとろうと、抱っこしたりしている。右手がプルプル震えていて大変だと思った」と紹介。

すると倉科さんから「体を鍛えているイメージがあって、バランスボールに乗ったりして意外とマッチョ。空き時間があるとジムに行かれたりして、アクティブ」と、劇中さながらのマイペースぶりを明かされてしまった玉木さんは「そういった意味では残念ですね…」と申し訳なさそうに呟いていた。

同作は、円満だった夫婦関係が出産を機に険悪な雰囲気に変わってしまう、昨今話題の“産後クライシス”をテーマに、父親としての責任が希薄過ぎることから、妻の知里(倉科)に“残念な夫”の烙印を押されてしまった陽一(玉木)が、名誉挽回のために奮闘していく様を描く。この日は、「EXILE」の黒木啓司、大塚寧々、岸谷五朗も登壇した。

フジテレビ系連続ドラマ『残念な夫。』は1月14日(水)22:00~スタート。

玉木宏、妻役の倉科カナからマイペースぶりを明かされ「そういった意味では残念」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top