金沢市で無料Wi-Fiサービス……新幹線開業で注目の北陸 | RBB TODAY

金沢市で無料Wi-Fiサービス……新幹線開業で注目の北陸

ブロードバンド 回線・サービス

KANAZAWA FREE Wi-Fi(カナザワ・フリー・ワイファイ)
  • KANAZAWA FREE Wi-Fi(カナザワ・フリー・ワイファイ)
  • KANAZAWA FREE Wi-Fi(カナザワ・フリー・ワイファイ)
  • 金沢駅東広場(もてなしドーム地上部)
  • 金沢駅東広場(もてなしドーム地下部)
  • 金沢21世紀美術館
  • 金沢市役所前広場
  • 利用可能エリア
  • 利用方法:ブラウザを起動し、ポータルサイトが表示されたら「インターネットに接続する」をタップ
 石川県の金沢市(自治体)では、誰もが無料で利用できる金沢市公衆無線LAN「KANAZAWA FREE Wi-Fi(カナザワ・フリー・ワイファイ)」の運用を、1月9日より正式にスタートする。

 3月14日の北陸新幹線開業を控えた金沢市では、公衆無線LANを運用することで、観光客やビジネス客の利便性向上や、金沢の魅力発信に繋げる。

 1回20分間、無料で使用でき、1日何度でも利用可能だ。サービスの利用開始は、利用可能エリアで通信端末からWi-Fiに接続し、自動的に接続される専用サイトに名前とメールアドレスを登録することで可能になる。登録情報は30日間有効。エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)が提供するインターネット接続機能を利用した。

 利用可能エリアは市内8ヵ所。金沢駅東広場もてなしドーム地上部と金沢駅東広場もてなしドーム地下部では2014年10月31日から暫定運用を開始しており、2015年1月9日から金沢21世紀美術館と金沢市役所前広場でサービス開始、さらに1月下旬から近江町市場入口(武蔵ヶ辻バス停)、香林坊バス停(アトリオ前)、香林坊アトリオ周辺、片町一丁目交差点周辺でサービス提供を開始する予定だ。

 Wi-Fi接続時に表示されるポータルサイトでは、日本語のほか、英語・フランス語・中国語(簡体・繁体)・韓国語に対応した観光サイト情報などを掲載し、外国人を含む多くの人が利用できるWi-Fiをめざす。なお大規模災害時には、利用者登録の有無に係わらずインターネット接続を開放する予定。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top