桐谷美玲、“恋するヴァンパイア”に! | RBB TODAY

桐谷美玲、“恋するヴァンパイア”に!

エンタメ 映画・ドラマ

桐谷美玲主演『恋する・ヴァンパイア』
  • 桐谷美玲主演『恋する・ヴァンパイア』
  • 桐谷美玲
年末に発表されたアメリカの映画サイト「TC Candler」による「世界で最も美しい顔100人」で、日本人女性としては最高位の8位に選ばれた桐谷美玲の主演映画『恋する・ヴァンパイア』が完成。4月17日(金)より開業するTOHOシネマズ新宿のオープンニング上映を飾ることが明らかとなった。

世界一のパン職人になる夢を持つキイラは、オシャレも友達とのおしゃべりも大好きな、ごく普通の女の子。でもたったひとつ、人と違うのは、“ヴァンパイア”の血を持って生まれたこと! 毎日のように遊ぶ、意中の男の子・哲にも、このことだけは秘密。だが、12歳で両親を亡くしたキイラは、親戚一家に引き取られることになり、ふたりは互いを想う気持ちを伝えられないまま、離れ離れになってしまう。

そして8年後。キイラ(桐谷美玲)がアルバイトをするパン屋に、偶然、哲が現れた。初恋相手との再会を喜ぶキイラ。デートを重ね、いつかは結婚して、子どもを産んで…と夢は膨らむけれど、ヴァンパイアであるキイラの悩みは募るばかり。恋に、夢に夢中なヴァンパイア女子・キイラの恋の行方は――?

女優のみならずモデル、ニュースキャスターと幅広い分野で活躍し、同世代の女性たちから圧倒的な支持を得ている桐谷さんが、本作で演じるのは“人間に恋してしまうヴァンパイアの少女”。普段はごく普通の女子なのに、好きな人に近づくと “恋するヴァンパイア”に豹変!? 恋する男の子の生き血欲しさに、小さな牙をのぞかせ、キュートな小悪魔的な姿を見せたと思いきや、そんな“真の姿”を必死に隠そうとするコミカルな一面ものぞかせていく。

監督を務めたのは、コン・リーやチャン・ツィーイーを輩出した北京の中央戯劇学院で学んできた新鋭・鈴木舞。本作が監督デビューとなり、原作の小説と脚本も手掛けている。

本作について、桐谷さんは、「ヴァンパイアだけど人間を好きになってしまった主人公・キイラの葛藤をどうあらわせばいいのか、監督とも話し合いながら撮影していきました。好きな人と一緒にいるからこそ本能がでてしまう…という切ないラブストーリーになっています」とコメント。

「その反面、ヴァンパイアではあるけれども、明るく楽しく生活をしている家族も可愛く描かれているのと、セットもキュートでファンタジーあふれる雰囲気になっていたり、ミュージカル風なシーンや、かわいいオリジナルソングもありで、今までになかった新しいヴァンパイア映画になっていると思いますので楽しみにしてください」とアピールし、作品の世界観にも大満足といった様子だ。

小さな牙さえも“可愛すぎる”ヴァンパイア姿の桐谷さんが見せる新たな魅力に、今後もぜひ注目していて。

『恋する・ヴァンパイア』は4月17日(金)よりTOHOシネマズ新宿(オープニング作品)ほか全国にて公開。

桐谷美玲、“世界8位”の美しい顔に牙が!? 今度はキュートな小悪魔ヴァンパイア!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top