KDDI、Firefox OS搭載「Fx0」3Dプリンタ用データ公開……筐体カスタマイズ可能に | RBB TODAY

KDDI、Firefox OS搭載「Fx0」3Dプリンタ用データ公開……筐体カスタマイズ可能に

IT・デジタル モバイル

内部のパーツが見える半透明の筐体の3Dプリンタ用データを公開
  • 内部のパーツが見える半透明の筐体の3Dプリンタ用データを公開
  • 背面のカスタマイズが可能になる
 KDDIは25日、23日に発表したFirefox OS搭載スマートフォン「Fx0」本体の3Dプリンタ用データ(CADデータ)を公開した。「Fx0」公式HPで取得し、3Dプリンタで同機の外観を作成できる。

 「Fx0」本体の3Dプリンタ用データは、23日の発表会で予告していたもの。ユーザーが3Dプリンタで取り外し可能な背面パネルを自作して、外観もカスタマイズができるようにするためのデータ公開だ。同機のコンセプトのひとつである「つくる自由」が、これによって可能になる。

 「Fx0」は、大手キャリア初のFirefox OS搭載スマートフォン。LG製でディスプレイは約4.7インチIPS液晶(1,280×720ピクセル)、プロセッサは1.2GHzクアッドコアのSnapdragon 400「MSM8926」、メモリ1.5GB、ストレージは16GB。カメラは800万画素/210万画素を搭載する。内部のパーツが見える半透明の筐体も大きなデザイン上の特長だ。

 Firefox OS搭載のスマートフォンとして、世界初の4G LTE対応。NFC機能でペアリングしたFx0同士で動画や写真を共有できる「Web-cast」機能や、ホーム画面を自由にデザインできる「Framin」アプリなどを搭載している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top