文京区湯島で路上催涙スプレー強盗が発生、監視カメラ画像の解析を急ぐ | RBB TODAY

文京区湯島で路上催涙スプレー強盗が発生、監視カメラ画像の解析を急ぐ

ブロードバンド セキュリティ

警視庁では犯罪発生情報を「メールけいしちょう」で通知しており、本事案も発生当日の17:25に配信された(画像は「メールけいしちょうの案内」より)。
  • 警視庁では犯罪発生情報を「メールけいしちょう」で通知しており、本事案も発生当日の17:25に配信された(画像は「メールけいしちょうの案内」より)。
 12月24日午前10時頃、東京都文京区湯島の路上で男性が2人組の男から催涙スプレーのようなものをかけられたうえに暴行を受け、財布などが入ったバッグを強奪されるという事件が発生した。警視庁は強盗傷害事件として、逃げた2人組の行方を捜査している。被害者の男性は軽傷を負った。

 容疑者とみられる2人組は20~30代、グレー色帽子、白色マスク、灰色ジャンパー、青色ジーパンの男と、グレー色帽子、白色マスク、黒色ジャンパー、青色ジーパンの着衣で、共に帽子やマスクなどで顔を隠していたという。

 犯行現場は東京メトロ上野広小路駅の近くで、飲食店などがある繁華街の路上。コンビニに隣接しており、周囲の防犯カメラには犯人の映像が残っていると見られる。警視庁は映像解析など調査を行っている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top