Huawei、背面に“ツインカメラ”搭載のハイスペックモデル「Honor 6 Plus」発表 | RBB TODAY

Huawei、背面に“ツインカメラ”搭載のハイスペックモデル「Honor 6 Plus」発表

IT・デジタル モバイル

“ツインカメラ”搭載のハイスペックモデル「Honor 6 Plus」
  • “ツインカメラ”搭載のハイスペックモデル「Honor 6 Plus」
  • 背面に“ツインカメラ”搭載
  • 背面にのツインカメラ
  • 中国での価格は1,999元(38,000円)から
 Huaweiは17日(現地時間)、背面にカメラを2つ装着した“ツインカメラ”のAndroidスマートフォン「Honor 6 Plus」を中国で発表した。中国での価格は1,999元(38,000円)から。

 ディスプレイは5.5インチのフルHD(1,080×1,920ピクセル)、OSはAndroid 4.4、プロセッサはHisilicon製8コアのKirin 925(1.8GHz×4+1.3GHz×4)、メモリ3GB、ストレージ16GB/32GBというハイスペックモデルで、Huaweiのフラッグシップモデルもある。

 最大の特長は背面のツインカメラ。画素数は800万画素で、「HTC One(M8)」のDuo Cameraと同様、近距離から遠くまでの撮影に対応し、絞りもF/0.95~F/16と広い範囲をカバーできるようになった。オートフォーカス速度も短縮された。また前面にも800万画素の高解像度カメラを配している。

 名前もiPhone 6 Plusを意識しているようだが、デザイン的にはiPhone 5sに近い。ネットワークはLTEに対応し、デュアルSIMポートを装備する。バッテリは3,500mAhで、本体サイズは高さ150.46mm×幅75.68mm×奥行7.5mm、重量は165g。日本での発売は未定。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top