MVNO「楽天モバイル」に、「AQUOS SH-M01」と「Ascend Mate7」追加 | RBB TODAY

MVNO「楽天モバイル」に、「AQUOS SH-M01」と「Ascend Mate7」追加

IT・デジタル モバイル

シャープがMVNO向けに開発したSIMフリースマートフォン「AQUOS SH-M01」
  • シャープがMVNO向けに開発したSIMフリースマートフォン「AQUOS SH-M01」
  • 6インチでHuaweiのフラッグシップモデル「Ascend Mate 7」
  • ベゼル幅を狭めたデザインを採用
 楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズは5日、MVNOサービス「楽天モバイル」対応端末として、6インチの「Ascend Mate7」と4.5インチの「AQUOS SH-M01」を追加すると発表した。

 いずれもSIMフリーモデルで、「Ascend Mate7」は一括価格が48,888円、割賦払いでは月々1,945円(初月4,166円)で12月11日出荷。「AQUOS SH-M01」は、一括価格が52,800円、割賦払いは月々2,130円(初月3,819円)、12月17日出荷となる(金額はいずれも税抜)。

 「Ascend Mate7」(Huawei製)は、プロセッサに1.8GHz駆動の4コア「Cortex-A15」と1.3GHz駆動の4コア「Cortex-A7」で構成される計8コア(オクタコア)の「Kirin 925」を採用したハイスペックモデル。ディスプレイは6インチフルHD(1,080×1,920ピクセル)、OSはAndroid 4.4、メモリ2GB、ストレージは16GB、カメラは1300万画素/500万画素を搭載する。

 「AQUOS SH-M01」(シャープ製)は、シャープがMVNO向けに開発したSIMフリースマートフォン。4.5インチのIGZO液晶ディスプレイ(1,920×1,080ピクセル) 、OSにAndroid 4.4.2、プロセッサにSnapdragon 800 MSM8974(2.2GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GBを搭載。カメラは1300万画素/120万画素。

 「楽天モバイル」では、10月からASUS製「ZenFone 5」でサービスを開始。端末を増やすことでサービスの拡充を図る。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top