グーグルストリートビューに日本の名山が登場……北岳、間ノ岳、農鳥岳など | RBB TODAY

グーグルストリートビューに日本の名山が登場……北岳、間ノ岳、農鳥岳など

ブロードバンド ウェブ

撮影の様子(農鳥岳山頂から富士山を望む)
  • 撮影の様子(農鳥岳山頂から富士山を望む)
  • 北岳からの眺め。撮影直前に初冠雪
  • 奥穂高
 グーグルは27日、日本で2番目に高い山「北岳」、3番目の「奥穂高岳」、今年4月の山岳標高改定で同3位に並んだ「間ノ岳」など、日本の山々のストリートビューを公開した。

 今回公開されたのは、富士山 富士宮ルート、北岳(3,193m)、奥穂高岳(3,190m)、間ノ岳(3,189m)、涸沢岳(3,110m)、農鳥岳(3,051m)、鹿島槍ヶ岳(2,889m)、赤城山(1,828m)、岩木山(1,625m)、八甲田山(1584m)、筑波山(877m)。いずれも今年撮影されたデータとなる。

 富士山は、昨年撮影された吉田ルートに続き、静岡県側の富士宮ルートが新たに撮影された。富士宮ルートは4つあるルートのなかでもっとも山頂までの距離が短く、太平洋側を背に登ることのできるルートだ。

 また南アルプス山脈は、今年6月にユネスコのエコパークに登録されている。北岳、間ノ岳、農鳥岳は、3,000m超の尾根を縦走するルートで、10月下旬に撮影された。紅葉が美しいものの、落ち葉も多い季節であったため、トレッカーオペレーターが何度も立ち止まって、カメラレンズを確認しながら、2泊3日にわたり撮影を続けたという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top