市井紗耶香が特別講義!「アロマ」と「お灸」の魅力を伝える!  | RBB TODAY

市井紗耶香が特別講義!「アロマ」と「お灸」の魅力を伝える! 

エンタメ その他

イベントに登場した、市井紗耶香
  • イベントに登場した、市井紗耶香
  • 市井紗耶香が、お灸を手にもっているところ
  • お灸に火をつけている市井紗耶香
  • 市井紗耶香が、手にお灸をすえているところ
  • 手にお灸をすえた状態で、トークしている市井紗耶香
  • ツボを押している市井紗耶香
  • 市井紗耶香が、頭のツボを押しているところ
  • 手のツボを押している市井紗耶香
 健康やリラックスのために、ヨガやアロマセラピーを行っている人が増えているようだが、「鍼灸(しんきゅう)」にも注目したい。

 鍼灸とは、鍼や灸を用いた伝統的な医術。鍼は、身体のツボや経脈に細長い針を刺して刺激し、頭痛や腰痛、肩こり、生理痛などの治療を行うもの。灸は、モグサ(乾燥させた葉)をツボの上で燃やし、温熱刺激を与えることで血行促進や自然治癒力を高める施術。日本でも古くから行われており、海外では「アーキパンクチャー(鍼灸師)」と呼ばれている。

 去る10月26日には、中野健康医療専門学校のオープンキャンパスで「究極の美と健康・香りとツボの神秘」と題したイベントが実施され、元モーニング娘。の市井紗耶香が、同校の特別講師として、アロマや鍼灸に関するトークショーを行った。

 市井は、タレント活動をしながら、10歳と7歳の女の子、1歳の男の子を育てている現役ママ。長女を妊娠・出産したことをきっかけに、それまでの食事を見直し、無農薬栽培で作った食材や、薬に頼り過ぎない生活を意識する中で、アロマに出合ったという。

 また市井は、幼いころから嗅覚がするどかったそうだが、妊娠したことで、よりいっそう敏感に。初めての妊娠でわからないことが多く、楽しむ余裕もなかったが、アロマの香りが不安な気持ちをやわらげてくれたという。これを機に、市井は本格的にアロマを勉強するようになり、のちにアロマセラピーの資格を取得するにいたった。

 そして、市井が3人目を妊娠したとき、上半身はほてるのに手足の末端が冷える症状に悩まされ、医師からお灸を勧められたという。それまでお灸に縁遠かった市井だが、実際にやってみると、モグサの香りに癒され、身体も温まり、元気がみなぎる感覚を得られた。それ以後は、ときおり知り合いの鍼灸師に施術を依頼したり、市販されている商品を使い、自分でお灸をすえているらしい。

 イベントでは、市井がお灸のやり方をレクチャーする場面があり、手慣れた様子でお灸に火をつけていた。

 なお、今後も市井が特別講師を務めるイベントが予定されており、次回は12月7日とのこと。詳細が決まり次第、中野健康医療専門学校のサイトで発表される。

市井紗耶香が、実体験をもとに「アロマ」と「お灸」の魅力を伝える! 

《ダイエットクラブ編集部》

関連ニュース

特集

page top