松坂桃李、高校時代の「メイド喫茶」体験を告白 | RBB TODAY

松坂桃李、高校時代の「メイド喫茶」体験を告白

エンタメ 映画・ドラマ

有村架純&松坂桃李&板野友美/『くるみ割り人形』ワールドプレミア
  • 有村架純&松坂桃李&板野友美/『くるみ割り人形』ワールドプレミア
  • 有村架純&松坂桃李/『くるみ割り人形』ワールドプレミア
  • 有村架純&松坂桃李&藤井隆&板野友美&安蘭けい&市村正親&増田セバスチャン(監督)/『くるみ割り人形』ワールドプレミア
  • 松坂桃李&板野友美/『くるみ割り人形』ワールドプレミア
  • 有村架純/『くるみ割り人形』ワールドプレミア
  • 市村正親/『くるみ割り人形』ワールドプレミア
  • 安蘭けい/『くるみ割り人形』ワールドプレミア
  • 松坂桃李&板野友美&増田セバスチャン(監督)/『くるみ割り人形』ワールドプレミア
3D人形アニメーション『くるみ割り人形』のワールドプレミアが10月29日(水)、開催中の東京国際映画祭にて行われ、有村架純、松坂桃李、藤井隆、板野友美、安蘭けい、市村正親という豪華ボイスキャスト陣と増田セバスチャン監督が一堂に会した。

35年前に実写人形アニメーションとして公開された同作に、新たなアニメーションパートを加えつつ3D映画化。お気に入りのくるみ割り人形をネズミの大群に奪われた少女・クララのめくるめく冒険を色鮮やかに描き出す。

有村さんは完成した映画を観て「3Dなので迫力があって、観ている自分も引き込まれて、世界観に入り込めました。感激しながら観てました」と感想を口にする。松坂さんは「人形たちの動きがこんなにかわいく、愛おしく、温かいということを実感しました。一つ一つの動きにスタッフの愛が詰まってました。人形たちに魅了されて下さい」と呼びかける。

市村さんは「クララの頑張りに勇気づけられます。かわいそうに思えてくるんですが、頑張っている姿をどこかで見たことがあるなと思ったら、世の中で働いているお父さんたちと重なりました」と語り、幅広い年齢層が楽しめる作品だと訴えた。

クララは、くるみ割り人形を大切な存在として命を懸けて守ろうとするが、キャスト陣にそれぞれ大切なものを尋ねると、有村さんも松坂さんも「縁や出会い」と語る。「ご縁や出会いは本当に大切。今日、ここでこうしてみなさんとご一緒できていることも嬉しいです」と有村さんが言えば、松坂さんは「人や作品との縁。自分は一人では生きてはいけないので」と語る。市村さんは「自分を生み落してくれた親」と両親への感謝の思いを口にし、「いまは自分が親になって、家庭が一番大切な存在」と幸せそうな笑みを浮かべて語っていた。

また、物語にちなんでいままでの人生における“冒険”は? という問いに、市村さんや安蘭さんら先輩が仕事の経験を冒険として語ったのに対し、松坂さんは「高校の時に男友達と2人でメイド喫茶に意を決して行ったのが冒険です(笑)」と告白。「“ちょっと背伸びしたいお年頃”というコーヒー味の飲み物を頼んだ」とのことだが、ちょうどその店で「ツンデレの妹」なるキャンペーンを展開中だったそうで「コーヒー豆が詰まったのをドンッと置かれまして…」と苦笑交じりに大冒険を語り、会場は爆笑に包まれた。

第27回東京国際映画祭は開催中。

『くるみ割り人形』は11月29日(土)より公開。

松坂桃李、高校時代の「メイド喫茶」でのツンデレ体験を告白

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top