【レビュー】アウトドアもビジネスも!タフネススマホ「GALAXY S5 Active SC-02G」を試してみた | RBB TODAY

【レビュー】アウトドアもビジネスも!タフネススマホ「GALAXY S5 Active SC-02G」を試してみた

IT・デジタル モバイル

トレッキンググローブ
  • トレッキンググローブ
  • GALAXY S5(左)と比較してもそれほどサイズ感に差はない
  • 本体左側面にはアクティブキーと音量キー
  • 画面下には3つのハードキー
  • アクティビティゾーン画面
  • 気圧計
  • コンパス
  • アクティブキーの設定画面
 ドコモから2014-2015冬春モデルとして登場した「GALAXY S5 Active SC-02G」。ハイスペックとタフネスが売りのこの端末を、RBB TODAY編集部の中でもアウトドア派を自称する筆者がビジネス視点とアウトドア視点の両面からじっくりと試してみた。

 GALAXY S5 Activeは夏モデルのGALAXY S5とほぼ同等のハイスペックを誇る。ディスプレイは約5.1インチの有機EL(FULL HD Super AMOLED)、プロセッサはクアッドコアのSnapdragon 801「MSM8974AC」(2.5GHz)、メモリ2GB、ストレージは16GB、1600万画素/210万画素カメラを搭載する。

 日本独自の機能としておサイフケータイ、NFC、ワンセグを装備。このほかハイレゾ音源の再生、Bluetooth 4.0、GPS、Gセンサー、デジタルコンパス、近接センサー、光センサー、気圧センサー、急速充電2などの機能をもっている。バッテリーも2800mAhと十分だ。

 最大の特徴であるタフネス部分に関しては、米国国防総省の米国軍用規格(MIL-STD-810G)18項目に準拠。防水・防塵(IPX5/7・IP6X)はもちろん、耐衝撃、耐振動、防湿、耐日射、塩水耐久、低圧対応、温度耐久(高温/低温/熱衝撃)、耐氷結の試験をクリアしている。

■強いのに薄い!
 そんなタフネスなスペックを持つGALAXY S5 Active、手にしての第一印象は「薄い!」だ。タフネスモデルと聞いてauから発売されているTORQUE G01のような厚みのあるゴツゴツしたスマホを予想していたのだが、約9.2mmの薄さは通常のスマホと比較してもほとんど違和感がない。GALAXY S5が8.3mmであるから、ちょうどこれにスマホケースをつけたような感覚だ。

 本体を見てみると、右側面に電源ボタン、左側面にアクティブキーと音量キー、そして画面下部には最近のアプリ、ホーム、戻るの3つのハードキーが備えられている。最近のAndroid端末ではあまり見られなくなった画面下部の3つのハードキーは、濡れた手やグローブを装着することの多いアウトドアシーンでの使いやすさを考えられてのことだろう。また、青いボタンのアクティブキーはデフォルトでは後述のアクティビティゾーン機能に割り当てられている。

■ビジネスシーンでも活躍
 GALAXY S5とほぼ同等のスペックを誇る本機はビジネスシーンでも十分に活躍する。下り最大150MbpsのLTEはドコモの4つのLTEバンドに対応する。Wi-FiはIEEE 802.11acや、アンテナを2本搭載する「MIMO」に対応し、下り最大867Mbpsで通信可能だ。さらにファイルダウンロード時はWi-FiとLTEを同時に使用するハイブリッドダウンロードにも対応し、高速なダウンロードを実現する。

 GALAXYシリーズではおなじみとなった「マルチウィンドウ」では、画面を上下に分割し、メールを見ながら地図を見るといった使い方が可能になる。片手で操作しやすいように画面サイズとレイアウトを調整する「片手操作」機能は、書類などで片手がふさがった状態で操作することが多いビジネスマンにはありがたい機能だ。

 また、街中でも路上や駅のホームなどでスマホを落としてしまう、という場面は十分に考えられる。もちろん落とさないに越したことはないが、優れた堅牢性は頼もしい。
《》

関連ニュース

特集

page top