iPhone 6、破損修理……ドコモの補償は? | RBB TODAY

iPhone 6、破損修理……ドコモの補償は?

RBB TODAY編集部では、発売日19日に購入したiPhone 6を購入2日目にして落下・破損させてしまった。編集部で購入したiPhone 6は、NTTドコモで契約したもので、補償サービスには全く入っていなかった。補償サービスに入っていた場合どのようになったのか考えてみたい。

IT・デジタル スマートフォン
落下して破損してしまったiPhone 6
  • 落下して破損してしまったiPhone 6
  • 落下して破損してしまったiPhone 6
  • 「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」
 RBB TODAY編集部では、発売日19日に購入したiPhone 6を購入2日目にして落下・破損させてしまった。編集部で購入したiPhone 6は、NTTドコモで契約したもので、補償サービスには全く入っていなかった。補償サービスに入っていた場合どのようになったのか考えてみたい。

 ドコモでiPhone 6/6 Plusを契約した場合、補償サービスは2つある。1つは、他キャリアやSIMフリーでも加入できる「AppleCare+ for iPhone」で、購入時に申し込んで月額392円(税抜)を支払うか、購入後30日以内にApple Storeで9,400円を一括で支払うかで加入できる。

 「AppleCare+ for iPhone」では、通常1年間の製品保証と、90日間の無償電話サポートが2年間に延長される。また、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを1回7,800円で2回まで受けることができる。ただし、全損や紛失・盗難時の補償はついていない。

 そしてもう1つは、ドコモ独自のサービス「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」だ。こちらは月額料金が600円だが、「AppleCare+ for iPhone」より手厚いサポートを用意している。

 補償範囲は、水濡れ・全損・紛失・盗難・破損・故障・購入から1年を超えた自然補償となっている。「AppleCare+ for iPhone」にはない全損・紛失・盗難といった点に対応しているのが特徴で、サービスセンターへの電話1本で1日~2日以内に交換電話機が届く。利用は1年間に2回まで、利用料金は7,500円となる。

 最近話題となっているiPhone 6 Plusが曲がる、と言ったような基盤に対して大きな破損の場合は全損になりうるだろう。auやソフトバンクのサービスの場合、再購入時の金額の一部補填や会員価格での購入となるので、全損や紛失・盗難時にも7,500円で交換ができるというのは、3キャリアの全損・紛失・盗難に対する補償では最も手厚いサポートとなる。

 RBB TODAY編集部で購入したiPhone 6は、残念ながら補償サービスには加入しておらず、修理代金を補償なしで支払うということになりそうだ。ドコモの「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」は初回申込日から最大31日間月額料金が無料のサービスとなっている。「AppleCare+ for iPhone」よりも手厚いサポートが欲しい場合、購入時にぜひ加入しておきたいサービスだ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top