ソフトバンクM、音声合成ソリューション「Rizbell」提供開始 | RBB TODAY

ソフトバンクM、音声合成ソリューション「Rizbell」提供開始

 ソフトバンクモバイルは30日、肉声に近い音声合成ファイルを簡単に作成できる音声合成ソリューション「Rizbell(リズベル)」を発表した。10月1日より販売パートナーを通して提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「Rizbell」ロゴ
  • 「Rizbell」ロゴ
 ソフトバンクモバイルは30日、肉声に近い音声合成ファイルを簡単に作成できる音声合成ソリューション「Rizbell(リズベル)」を発表した。10月1日より販売パートナーを通して提供を開始する。

 「Rizbell」は、複数の企業や店舗などでシステムを共有・管理ができる、クラウド型の音声合成ソリューション。電話窓口での自動応答、スマートカタログやeラーニング教材でのナレーション、商業施設などでの案内放送といった用途を想定している。東芝の音声合成エンジンの特許技術を採用しており、それを基にソフトバンクモバイルが独自に改良を加えたとのこと。要望に沿った話者(キャラクター)の制作にも対応する。他のコンピュータと接続しないスタンドアローン型のシステムでも提供可能。

 初年度は、日本語、英語(米語)、中国語(北京語)、韓国語の4カ国語、17話者でのサービス提供を行い、今後は、英語(イギリス英語)、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語(広東語)などの言語・話者でも提供していく。音声は「Rizbell」のウェブサイト(10月1日正午公開)で試聴可能。

 今後は、音声認識ソリューションや自然言語処理ソリューションの提供を予定している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top