ハイホー、格安SIMサービスで10月1日から料金据え置きのまま容量倍増へ | RBB TODAY

ハイホー、格安SIMサービスで10月1日から料金据え置きのまま容量倍増へ

IT・デジタル その他
「ASUS Fonepad 7 LTE」を使ったプランもある「hi-ho LTE typeDシリーズ」
  • 「ASUS Fonepad 7 LTE」を使ったプランもある「hi-ho LTE typeDシリーズ」
  • 各プランで価格据え置きのまま容量が倍増
  • 超過分の料金も値下げ
 ハイホーは25日、データ通信サービス「hi-ho LTE typeDシリーズ」において、10月1日から高速通信可能なバンドルチャージを増量すると発表した。追加チャージ料金も値下げする。

 「hi-ho LTE typeDシリーズ」は、NTTドコモのネットワークを利用するLTE対応のMVNOサービス。SIMカードのみのプランやSIMカード+端末のプランが用意されているが、従来1GBだった通信容量を料金据え置きのまま2GBへと増量する。家族で容量をシェアできる「ファミリーシェア」プランでは、3GBから7GBへと倍以上の増量となる。

 また、容量を超えた場合の追加チャージ料金も改定し、100MBあたり350円から200円(いずれも税別)に値下げする。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top