綾小路翔、ASKA被告に同情も……「一生、後ろ指をさされ続ける」 | RBB TODAY

綾小路翔、ASKA被告に同情も……「一生、後ろ指をさされ続ける」

エンタメ ブログ

氣志團(中央手前が綾小路翔)
  • 氣志團(中央手前が綾小路翔)
  • 覚せい剤取締法違反の罪に問われているASKA被告(向かって右)
 ロックバンド・氣志團の綾小路翔が、覚せい剤取締法違反の罪などに問われている男性デュオ・CHAGE and ASKAのASKA被告のファンに向けて、「ご本人が帰って来やすい環境を皆で用意して、ひたすら待ちましょう!」とTwitterで呼びかけた。

 先月28日に東京地裁で開かれた初公判で懲役3年を求刑されたASKA。その公判後、早く立ち直りまた素晴らしい曲を作って欲しいと期待するASKAファンの声に触れた綾小路は、自身のTwitterで「ホントよ。あんなとてつもない曲が書ける人だもん」と、ファンらに同調。「皆様の心中、並々ならぬものがあるとは存じます。でも、好きなものは好き。もう待つっきゃないですよね。ご本人が帰って来やすい環境を皆で用意して、ひたすら待ちましょう!」と呼びかけた。

 ただ、中には、まだ罪を償っていないASKAにエールを送るのは早すぎると指摘する声もあったが、綾小路は「これから一生、こんな風に世の中の殆どの人から責められ、後ろ指をさされ続けるんだぜ。人を殺したわけでもないのに。一生だぜ。想像してごらんよ。(償いは)充分だろ?」と、ASKAを擁護した。
《花》

関連ニュース

特集

page top