20代後半女性が考える“理想の30代”像 | RBB TODAY

20代後半女性が考える“理想の30代”像

エンタメ 調査

20代後半女性が考える“理想の30代”像
  • 20代後半女性が考える“理想の30代”像
  • 20代後半女性が考える“理想の30代”像
  • 20代後半女性が考える“理想の30代”像
 リクルートジョブズが運営する女性向け転職サイト「とらばーゆ」は、20代後半(=「U29」)の女性たちが、自分独自(=「ユニーク」)の未来を描くことを応援する『U29(ユニーク)女子プロジェクト』を展開している。

 今回U29女子プロジェクトでは、「ライフスタイル」に関する調査を実施。6月24日~26日にかけて、25歳~29歳の未婚有職者女性1,000名から回答を得た(未婚・子なし334名、既婚・子あり333名、既婚・子なし333名)。

 まず「あなたは、自分が30代になったときの姿について、理想とするイメージが具体的にありますか?」と聞いたところ、「具体的なイメージがある」と回答した人は10%ながら、「具体的ではないが、なんとなくのイメージはある」と答えた人は56%だった。

 そこで“理想の30代”の姿を具体的に聞いてみたところ、「結婚・出産後、子育てをしながら仕事を続けている」53%、「結婚・出産後、子育てをする専業主婦になっている」15%、「結婚はするが、出産はせず、仕事を続けている」10%、「結婚はするが、出産はせず、専業主婦になっている」1%、「結婚はせずに、仕事を続けている」21%となり、多くの人が“結婚・出産をしつつ、仕事も続けていたい”という意向が明らかとなった。

 「30代になったときの働き方のイメージ」としては、「正社員・契約社員としてフルタイムで働いている」65%がもっとも多く、以下、「正社員・契約社員として時短勤務で働いている」18%、「パート・アルバイトとして働いている」9%が続いている。

 しかし一方で、20代後半の女性たちに対して、「“理想の30代”の姿が実現できる確率は何%くらいだと思いますか?」と聞いたところ、回答者の3人に1人(36%)が、実現確率について50%以下の数字を挙げていた。理由としては、パートナーと出会えるかを不安に感じる声の他、出産後の家庭と仕事との両立が困難と考える女性の回答が目立った。

 さらに、「“理想の30代”のイメージを実現するために、現在何か具体的な行動をとっていますか?」と聞いたところ、「具体的な行動をとっている」と答えた人は20%。「考えたり計画を立てたりしたことはあるが、行動にはうつせていない」54%、「行動しておらず、行動の内容も特に考えていない」26%が上回った。

 さらに30代女性の“実態”についても調査し、「現在のライフスタイルは、20代の頃に理想と考えていた通りのものですか?」と質問したところ、「とても理想通りである」「ほぼ理想通りである」と回答した30代女性の割合は、合計で23%にとどった。ただし「現在のライフスタイルに満足をしていますか?」という質問では、64%の女性が「満足している」と回答している。

 現在『U29女子プロジェクト』のオフィシャルサイトでは、今回の調査結果に関する、さらに詳しい情報を公開中。30代女性たちのリアルな「結婚・出産・仕事」の実態、「20代後半に戻ったらやり直したいこと」などのホンネが掲載されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top