「IKEA仙台」長町駅前にオープン、ホームファニッシングバスを運行 | RBB TODAY

「IKEA仙台」長町駅前にオープン、ホームファニッシングバスを運行

7月17日、東北地方初となる「IKEA仙台」がオープンした。開店を直前に控えた14~16日の3日間、IKEA FAMILYと報道関係者向けにプレオープンを実施。さらに27日までの期間、仙台駅東口からIKEA仙台まで無料バス「ホームファニッシングバス」が運行されている。

エンタメ フォトレポート
IKEAバス
  • IKEAバス
  • IKEAバス
  • IKEAバス
  • IKEAバス
  • IKEAバス
  • IKEAバス 
  • IKEAバス
  • IKEAバス
 7月17日、東北地方初となる「IKEA仙台」がオープンした。開店を直前に控えた14~16日の3日間、IKEA FAMILYと報道関係者向けにプレオープンを実施。さらに27日までの期間、仙台駅東口からIKEA仙台まで無料バス「ホームファニッシングバス」が運行されている。

 IKEA仙台は仙台市「長町駅」(JR東北本線、仙台市地下鉄)から徒歩3分に立地している大型店舗。同規模のIKEA店舗としては日本で8店舗目となる。部屋のレイアウトを提案する「ショールーム」や小型の商品売場「マーケットホール」、子供の遊び場「スモーランド」、休憩エリア「ビストロ・スウェーデンフードマーケット」などは、他店舗と同一規格だ。

 さらに2014年4月にオープンした立川店と同じように、仙台店の店舗設計はエコロジーに配慮されている。屋上の駐車場には無数のソーラーパネルが設置され、地下には地熱発電施設も備えている。

 仙台には、もともとIKEAミニショップが震災復興支援のため2011年9月にオープンしており、そのIKEAミニショップが生まれ変わったのがIKEA仙台店となる。ミニショップにはなかった家具売り場やショールームが増設され、3000を超える品揃えからお気に入りのアイテムを探せる。

●オープン記念、仙台駅からバスを運行

 オープンから27日までの期間は仙台駅から無料バスを運行している。「ホームファニッシングバス」と名付けられたこのバスは、外装・内装共にIKEAがこだわって作った世界で1台の特別なバスだ。毎日4便、仙台駅東口「さくらバスターミナル」から出発し、約30分でIKEA仙台に到着する。

 バスの車内は前方が子供部屋、後方がリビングルームといった感じで、1軒の家をイメージしてデザインされている。まるで家に入るかのように靴を脱いでバスに乗車すると、かわいい装飾品が目に飛び込んでくる。車内のデザインは一般的なバスとは大きく異なり、明るく華やかな印象。乗っているだけで楽しくなってくるような、そんな雰囲気だ。もちろん車内に装飾されている床やシート、カーテン、収納など、すべてのアイテムはIKEAで取り扱っている商品。気に入ったモノが見つかったら、IKEA仙台で購入できる。

 バスが仙台駅を出発すると、IKEA仙台までの所要時間は約30分。乗車時間はスタッフがIKEAやスウェーデンに関するクイズ大会を行なうため、子供から大人まで楽しい時間を過ごせる。取材に訪れたときのクイズの内容は「家具が有名なIKEAだが、実は食料品も充実している」、「IKEA店内には子供専用の遊び場がある」といった問題が出題された。

●IKEA仙台ならではの大型ルームセット

 IKEA仙台の2階のショールームには部屋のレイアウトを提案する「ルームセット」があり、部屋づくりのイメージを膨らませることができる。売り場で配布しているショッピングリストに商品の番号と倉庫の列と棚の番号を書き写し、セルフサービスエリアで商品をピックアップする、というのが商品購入までの流れだ。

 IKEA仙台が従来のIKEA店舗と異なるのは「ルームセット」コーナーのなかに、「3LDK 90平方メートル」という大きな部屋がラインアップされているところ。スタッフの話によると、仙台は一戸建てや広いマンションが多いため、このような大型のルームセットを用意したそうだ。さらに顧客の多くがファミリー層のため、大都市のIKEAよりも家族が住む部屋のレイアウトの提案が充実している。店内をぐるっと巡ると、「こんな部屋に住みたい」と思わせてくれるルームセットがきっと見つかるはずだ。

 また、スマートフォンより「IKEA」アプリで、商品情報や在庫、商品ピックアップ場所の確認ができ、商品についているバーコードやタグをスマホで読み込めば、そのままショッピングリストの作成ができる。

●小型商品には宅配ボックスも

 IKEAは家具を取り扱っているので「車で行く店」というイメージが強いが、IKEA仙台は長町駅前から近く、車でなくても足を運びやすい。また、購入した商品の配送サービスもあり、電車やバスでの買い物でも負担が軽減されている。IKEA仙台ではオープンから8月31日までの期間、「手ぶらdeボックス 500円キャンペーン」を開催している。このキャンペーンは50×50×60cmの宅配ボックスを500円で配送してくれるサービス(通常は990円)。

 また、IKEA仙台は宅配専用のレジと小型商品専用の「ミニレジ」が通常のレジとは別に設けられているため、混雑時でもスムーズに会計を済ませられる場合がある。どうしてもスグに持ち帰る必要がなければ、公共機関で訪れたほうがラクだ。
《佐藤隆博》

関連ニュース

特集

page top