ワイドショーを賑わせた有名人ランキング 2014年上半期 | RBB TODAY

ワイドショーを賑わせた有名人ランキング 2014年上半期

 佐村河内、ASKA、STAP細胞……2014年上半期もさまざまな出来事や人物がワイドショーを賑わせたが、エム・データは15日、「2014年上半期のワイドショーを賑わせた有名人ランキングTOP30」を発表した。

エンタメ 調査
「2014年上半期のワイドショーを賑わせた有名人ランキングTOP30」
  • 「2014年上半期のワイドショーを賑わせた有名人ランキングTOP30」
 佐村河内、ASKA、STAP細胞……2014年上半期もさまざまな出来事や人物がワイドショーを賑わせたが、エム・データは15日、「2014年上半期のワイドショーを賑わせた有名人ランキングTOP30」を発表した。

 1位に輝いたのは、STAP細胞論文の不正問題で注目を集めた理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダー。当初は“リケジョ”として華々しく報じられるも、論文の不正が指摘されてからは一転。バラエティ番組での“阿呆方さん”コントにも批判が集めるなど、大きな話題に。報道時間は131時間を超え、2位に圧倒的大差をつけての首位となった。

 2位は、ゴーストライター問題で話題となった佐村河内守氏。耳に障害を持つ音楽家“現代のベートーベン”などと持て囃されたが、実際の作曲はゴーストライターが行っていたことが発覚すると、大バッシングを受けた。その釈明会見の模様はテレビ各局が生中継するなど注目を集め、ゴーストライター・新垣隆氏との間の確執も取り沙汰された。報道時間は約57時間だった。

 3位は、覚せい剤所持などの疑いで逮捕されたCHAGE and ASKAのASKA。当初、『週刊文春』にスッぱ抜かれた際には、覚せい剤を否定し、安息香酸ナトリウムカフェイン、通称アンナカだと主張していた。逮捕されると、所属事務所からの解雇やCDの出荷停止が決まり、ファンを悲しませた。報道時間は約44時間だった。

 そのほか、セクハラやじ問題で注目を集めた塩村文夏都議や、AKB48握手会での暴行事件で負傷した川栄李奈と入山杏奈、離婚した布川敏和&つちやかおりなどが上位にランクインしている。
《花》

関連ニュース

特集

page top