サイボウズstap、番組表で配信を管理できるデジタルサイネージシステムを提供開始 | RBB TODAY

サイボウズstap、番組表で配信を管理できるデジタルサイネージシステムを提供開始

 サイボウズスタートアップス(Cstap)は5日、Android端末で表示するコンテンツを管理するクラウド型「デジタルサイネージサービス」の提供を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
システム構成イメージ
  • システム構成イメージ
  • 番組表の管理画面
  • 「デジタルサイネージサービス」概要
 サイボウズスタートアップス(Cstap)は5日、Android端末で表示するコンテンツを管理するクラウド型「デジタルサイネージサービス」の提供を開始した。

 「デジタルサイネージサービス」は、動画や静止画だけでなく、ホームページの表示にも対応したコンテンツの運用管理ができるクラウドサービス。複数のデジタルサイネージ端末を、グループ単位で一括管理可能。また「デジタルサイネージサービス」では、Cstapがすでに提供している「専用端末化サービス」を同時提供することで、Android端末を専用機化できるため、サイネージを行う場所でのAndroid端末の操作は不要となる。

 再生するコンテンツは、「番組表」により詳細に管理し、グループ別に配信できる。通常の表示パターンに加え、毎日の指定した時間や指定した曜日の指定した時間、毎月指定日の指定した時間、指定日の指定した時間に表示する内容を繰り返し設定ができる。

 本技術は、6月11日から幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2014」に出展される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top