ぺんてる、書いた落書きが動き出すARアプリ「KakutoAR」公開 | RBB TODAY

ぺんてる、書いた落書きが動き出すARアプリ「KakutoAR」公開

エンタープライズ モバイルBIZ

スマホ内で、落書きがそのまま動き出す
  • スマホ内で、落書きがそのまま動き出す
  • 落書きが可能な専用カード(コースター)
 ぺんてるは2日、専用カードにサインペンなどで書き込んでスマートフォンやタブレット端末をかざすと、書いた通りに落書きが動き出すAR(拡張現実)アプリ「KakutoAR(カクトAR)」の提供を開始した。

 マーカーレスタイプのAR技術を採用し、イラストカードの画像にかざすことでスマホやタブレット端末の画面にCGアニメーションが合成される。認識用のイラストカードに、サインペンなどで彩色をしたり顔などを書き込むと、CGアニメーションに反映して動かすことができる。

 専用カードは、期間限定(6月2日から7月27日まで)でオープンした、“ラクガキできるカフェバー”「GINZA RAKUGAKI Cafe&Bar by Pentel」(中央区銀座5-6-5 NOCO 7F)にてコースターとして提供されている。サッカー選手のユニフォームやスパイク、ボール、顔に書き込み可能となっており、書き込んだ内容がCGアニメーションとして動くとのこと。

 今後ぺんてるは、「KakutoAR」を使った商品化、様々なイベントやプロモーションでの利用を計画中としている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top