NTT西日本ら、スマートデバイスや4Kに対応した「ひかりサイネージ」提供開始 | RBB TODAY

NTT西日本ら、スマートデバイスや4Kに対応した「ひかりサイネージ」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サービス概要
  • サービス概要
  • 提供メニュー、提供料金
 西日本電信電話(NTT西日本)とNTTスマートコネクトは29日、「Bizひかりクラウド」の新たなサービスラインアップとして「ひかりサイネージ」を6月2日から提供することを発表した。

 「ひかりサイネージ」は、Windows PCや光BOX+、タブレットから4Kテレビまで、さまざまなデバイスをディスプレイとして利用可能なクラウド型デジタルサイネージサービス。CMSによりコンテンツ登録、配信スケジュール登録、分散配信設定等をWebブラウザーで行うことができる。また専用プレイヤーでは、4K解像度の静止画を表示でき、4Kディスプレイの大画面にきめ細やかなコンテンツを表示できる。

 NTTスマートコネクトがクラウドサービスを提供し、NTT西日本は「フレッツ 光ネクスト」や「光BOX+」と組み合わせ、本サービスを販売取次する。提供料金は、初期費用が5プレイヤーまで38,000円、月額費用が1プレイヤーにつき1,800円より。

 今後、コンテンツの登録をより簡略化するためのコンテンツ編集ソフトウェアとの連携、コンテンツ等の保護を強化するための暗号化、災害情報等の緊急情報割り込み表示への対応、4K解像度の動画配信、表示等、機能を順次追加していく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top