森美術館、リー・ミンウェイの“参加型アート”を総覧できる大規模個展開催 | RBB TODAY

森美術館、リー・ミンウェイの“参加型アート”を総覧できる大規模個展開催

エンタメ フォトレポート

リー・ミンウェイ《プロジェクト・繕(つくろ)う》2009年展示風景:「プロジェクト・繕(つくろ)う」ロンバード=フレイド・ギャラリー、ニューヨーク、2009年ルディ・ツェン氏蔵撮影:Anita Kan
  • リー・ミンウェイ《プロジェクト・繕(つくろ)う》2009年展示風景:「プロジェクト・繕(つくろ)う」ロンバード=フレイド・ギャラリー、ニューヨーク、2009年ルディ・ツェン氏蔵撮影:Anita Kan
  • リー・ミンウェイ《石の旅》2009年 展示風景:「花と石の物語」エスパス ルイ・ヴィトン台北、2012年撮影:Lee Studio
  • リー・ミンウェイ《プロジェクト・繕(つくろ)う》2009年展示風景:「プロジェクト・繕(つくろ)う」ロンバード=フレイド・ギャラリー、ニューヨーク、2009年ルディ・ツェン氏蔵撮影:Anita Kan
  • リー・ミンウェイ《プロジェクト・繕(つくろ)う》2009年展示風景:「プロジェクト・繕(つくろ)う」ロンバード=フレイド・ギャラリー、ニューヨーク、2009年ルディ・ツェン氏蔵撮影:Anita Kan
  • リー・ミンウェイ《プロジェクト・ともに食す》1997年展示風景:「対話」台湾現代美術館、2007年JUT美術館準備室蔵、台湾撮影:Lee Studio
  • リー・ミンウェイ《布の追想》2006年展示風景:「澄・微」資生堂ギャラリー、東京、2012年Courtesy: Lombard-Freid Gallery, New York撮影:Kevin Ho
  • リー・ミンウェイ《プロジェクト・リビングルーム》2000年 展示風景:「四重奏とリビングルーム」チャイニーズ・アーツ・センター、マンチェスター、2013年撮影:Kevin Ho
  • リー・ミンウェイ《プロジェクト・繕(つくろ)う》2009年展示風景:「プロジェクト・繕(つくろ)う」ロンバード=フレイド・ギャラリー、ニューヨーク、2009年ルディ・ツェン氏蔵撮影:Anita Kan
台湾出身、ニューヨーク在住のアーティスト、リー・ミンウェイ(Lee Mingwei)の初の大規模個展「リー・ミンウェイとその関係展」が、9月20日から2015年1月4日まで森美術館で開催される。

1990年代後半以降、現代アートの世界では観客の参加によって成立する作品やプロジェクトが“リレーショナル・アート”“関係性の美学”として注目を浴び、大きな広がりを見せてきた。リー・ミンウェイも、インスタレーションやさまざまな観客参加型のアートプロジェクトを展開し、国際的に活躍してきた1人。

同展は、これまでの彼の活動を網羅的に体験することができ、制作活動において重要なキーワードである「関係性」や「つながり」を再考するテーマ展でもある。自身の作品やプロジェクト14点に加え、参照作品として白隠、鈴木大拙、ジョン・ケージ、イヴ・クライン、アラン・カプロー、リクリット・ティラバニ、小沢剛などの他のアーティストの作品も併せて紹介。展覧会がより重層的で豊かな知的体験となるよう構成されている。


【イベント情報】
リー・ミンウェイとその関係展
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
会期:9月20日から2015年1月4日
時間:10:00から22:00(火曜日は17:00まで。9月23日、12月23日は22:00まで。入館は閉館の30分前まで)
料金:一般1,500円 学生1,000円 4歳から中学生500円
会期中無休
《HEW》

関連ニュース

特集

page top