富士通、SDNによる広域ネットワーク向け仮想化製品を発売 | RBB TODAY

富士通、SDNによる広域ネットワーク向け仮想化製品を発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

今回の製品発表の位置づけ
  • 今回の製品発表の位置づけ
  • 広域ネットワークの構造と新製品の位置づけ
  • 販売価格、および出荷開始時期
 富士通は9日、パケット通信階層に対応した広域ネットワーク向け仮想化製品「FUJITSU Network Virtuora NC」「FUJITSU Network Virtuora SN-V」を新たに販売開始した。「FUJITSU Network ProactnesII QM」も機能強化し、新たに販売を開始する。

 「Virtuora NC」「Virtuora SN-V」は、SDNによりICT基盤全体をネットワークワイドに最適化するアーキテクチャー「FUJITSU Intelligent Networking and Computing Architecture」に基づく製品の第二弾となる。

 「Virtuora NC」は、ネットワークの構成情報を集中管理し、サービスごとに最適な通信環境となる仮想ネットワークの構築(最適な経路設計、経路情報の通信機器への設定)を一元的に行う集中管理型ソフトウェア。中継ノードの段数や確保可能な帯域幅など、多面的な情報に基づく最適な経路を瞬時に決定できる。通信経路情報を分かりやすい画面で可視化することも可能。

 「Virtuora SN-V」は、「Virtuora NC」が設定した情報に基づき、仮想ネットワーク制御およびユーザーデータ転送処理を行うソフトウェア。汎用IAサーバで動作し、広域ネットワーク事業者はネットワーク構築に従来必要だった専用通信機器の利用を削減可能。

 「ProactnesII QM」は、通信データの動きを分析し、品質劣化の即時検出と問題個所の正確な特定を行うソフトウェア。今回、品質劣化情報を「Virtuora NC」へ即時通知するインターフェイスとネットワーク仮想化方式であるNVGREプロトコル、Q-in-Qプロトコルに対応した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top