新機能「2画面ワイプ撮り」の実力は?……パナソニック「HC-W850M」を試す | RBB TODAY

新機能「2画面ワイプ撮り」の実力は?……パナソニック「HC-W850M」を試す

IT・デジタル デジカメ

パナソニックのビデオカメラ「HC-W850M」
  • パナソニックのビデオカメラ「HC-W850M」
  • 液晶パネルを閉じたところ
  • 側面に電源アダプター入力、ヘッドホン出力を備える
  • 本体パネルの内側。Wi-Fi機能や傾き補正機能の呼び出しボタンはこちらに配置した。microUSBやHDMI端子も設けている
  • 天面に5.1chサラウンドマイクとNFCのセンサーを配置
  • モニターのフレームに回転式のサブカメラを設けた
  • カメラを回転したところ
  • リアにバッテリーパックを装着する
 最近はスマートフォンやコンパクトデジタルカメラでも高精細な動画が手軽に撮れるようになった。でもやはり高機能な専用のビデオカメラでしか撮ることのできない映像、切り取れない世界がある。

 パナソニックの「HC-W850M」は、2つの場面が同時に撮れる「ワイプ撮り」や、フルハイビジョン画質での「スーパースロー撮影」など斬新な機能を、ビデオカメラに使い慣れていないユーザーでも手軽に使えるユーザーインターフェースとともに搭載した見どころの多い製品だ。


■高精細な光学20倍ズーム撮影に対応

 パナソニックのビデオカメラシリーズには、光のRGB3原色それぞれにフルHDセンサーを乗せた「3MOSセンサー」搭載のフラグシップモデル「HC-X920M」が先行発売されているが、今回レビューする「HC-W850M」は単板の「1MOSセンサー」搭載機の最上位モデルだ。AVCHDとMP4、Macでの再生/編集に適したiFrame形式でフルHD動画が撮影でき、AVCHD形式ではさらに高精細な1080/60p記録モードが選べる。

 パナソニックが長年蓄積してきたユニークなビデオカメラの技術がコンパクトな筐体に搭載されている。それぞれの機能について、特徴を確認しながら、主要な機能については実機で撮影した映像も紹介しよう。

 まず本機のズーム性能に注目だ。世界初の「4ドライブレンズシステム」を搭載したことにより、高画質を保ったまま"光学20倍”のズーム撮影を実現した。筐体内部には4つのレンズ群を備え、それぞれが個別にモーターを搭載して動作制御を行うことで、少ないスペースで効率の良いズーミングを実現していることが大きな特徴だ。

 ズーム撮影をしてみると、ワイド端から最大ズームまで安定して高精細な映像を撮ることができる。最大ズーム時にも手ブレを抑えながらきれいな動画が撮れる理由のひとつが独自の「5軸ハイブリッド手ブレ補正」を搭載したことだ。左右/上下/縦回転/水平回転に加えて回転軸補正を加えた「5軸」の自動手ブレ補正により、手持ち撮影による映像のブレを強力に抑えることができる。今回のテスト動画は手持ちでお台場の観覧車を撮ったものだが、最大ズーム時で捉えたゴンドラの映像も、金属部のディティールがしっかりと出て、周囲の輪郭もシャープに再現される。平坦部の質感や色合いも非常にナチュラルだ。恐らく三脚に設置して撮れば、自然観察の際に遠くの被写体をより鮮明に捉えることもできるだろう。旅行に出かけた時など遠くにあるランドマークを最大ズームで撮る際などに真価を発揮してくれそうだ。

 撮影映像に超解像処理を行いながら画質劣化を抑えた状態でデジタルズームができる「iAズーム」を併用すれば、さらに約50倍までの超望遠撮影も可能だ。このように高精細なズーム撮影はスマートフォンでは実現できない、専用ビデオカメラならでは魅力だと言うことができる。


■屋外撮影では"風音”をしっかりとキャンセル

 屋外撮影の時は「風音キャンセラー」を活用するといいだろう。本体はフロント側トップに集音性能の高い5.1chサラウンドマイクが搭載されているが、マイク性能の高さゆえに、反面屋外撮影の際はマイクにぶつかる風の音までが収録されてしまう。これをウィンドシールドなどアクセサリーを使うことなく、"風切り音”を防ぐために搭載された機能が「風音キャンセラー」だ。

 効果のレベルは「強/標準/切」の3段階から選べる。風の強い日に、海沿いで風景を撮影しながら効果を「強」と「切」とでスイッチして検証した。「切」のままでは"ゴゴゴゴ”という激しい低音が動画に記録されてしまい、せっかく美しい風景を撮っていたとしても、ノイズがそれを台無しにしてしまう。機能を「強」に切り替えて撮ってみると、風音の特に低音部分が大幅に軽減され、落ち着いた雰囲気の動画に仕上がる。機能をONにすると、モニター上には現在の風音の低減効果を知らせてくれるアイコンが点灯する。

光学20倍ズームでお台場の観覧車を撮影


「風音キャンセラー」は「切」で撮影


「風音キャンセラー」を「強」で撮影


《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top