【Wearable Tech Expo 2014】うまく動いた! 指輪デバイス「Ring」 | RBB TODAY

【Wearable Tech Expo 2014】うまく動いた! 指輪デバイス「Ring」

IT・デジタル モバイル

ログバーのCEO 吉田卓郎氏が、話題の指輪デバイス「Ring」のデモを実施
  • ログバーのCEO 吉田卓郎氏が、話題の指輪デバイス「Ring」のデモを実施
  • 指輪デバイス「Ring」のコンセプトビデオその1。アクティベーションを行うにはiOS 7以上のiPhone/iPad/iPod Touch、Andorid OS 4.4以上のAndroidデバイス、Windows Phone、Ring Hubのいずれかが必要
  • 指輪デバイス「Ring」のコンセプトビデオその2。開発向けのSDKも提供されるらしい
  • デモの様子その1。ジェスチャーで「Ring」という文字を入力。背景のスクリーンにデバイス上の文字が移し出されている
  • デモの様子その2。ジェスチャーで写真を撮影しているところ。ジェスチャーで拡大表示することも可能
 現在開催中のウェアラブルのテクノロジーの祭典「Wearable Tech Expo in Tokyo 2014」。25日午前中の講演では、ログバー CEOの吉田卓郎氏が登壇し、いま世界中から注目を集めている指輪デバイス「Ring」のデモンストレーションを実施した。

 Ringは指の動きを検出することで、さまざまなデバイスをコントロールできる指輪型ウェアラブルデバイスだ。米クラウドファンディングサイト・Kickstarterにおいて、わずか1日半で25万ドルの資金調達を達成し(3月25日現在、79万4533ドル)、話題を振りまいた。コンセプトビデオの公開から半年ほどでプロトタイプをお披露目するということで、来場者も興味津々の様子だった。

 いざデモンストレーション開始。と思ったが、デバイスの調子が悪いのか、最初はなかなかうまく動作しなかった(リハーサルではスムーズに動作したとのこと)。何度かトライするうちに調子がでてきたようで、1mぐらい離れた場所から、ジェスチャーで「Ring」という文字を入力したり、写真を撮影したり、ビデオを再生させたりするデモを無事に成功させた。なお本体にはバイブレーション機能とLEDが内蔵されており、アラートの役割も果たすのだが、そのデモは行われなかった。

 まだプロトタイプだが、実際に動く様子を見て、開発が順調に進んでいることを確認できた。近々の完成が楽しみなところだ。すでにRingはプレオーダーを開始しており、前述のKickstarterを通じて予約購入が可能だ(日本向けには7月出荷予定)。すでに135ドルと165ドルの出資コースは完売済み(3月25日現在)。あとは185ドルのコースなどが残っており、出資をすればRingを1つ提供してくれる。また指輪のサイズは全6種類があり、希望サイズをチョイスできるそうだ。




《井上猛雄》

関連ニュース

特集

page top