自社の情報やデータの漏えいに対する危機、85.5%が意識 | RBB TODAY

自社の情報やデータの漏えいに対する危機、85.5%が意識

エンタープライズ その他

自社の情報やデータの漏洩に対して、85.5%(89名)が危機意識を持っている
  • 自社の情報やデータの漏洩に対して、85.5%(89名)が危機意識を持っている
  • 社内の情報、データへのアクセス権限の現状について、64.4%(67名)が不安を感じている
株式会社Imperva Japanは3月24日、「データ・セキュリティに関する意識調査」の結果を発表した。本調査は2013年11月、企業の情報やデータに携わる職種の社会人を対象としてWebアンケートにより実施されたもの。有効回答数は104名で、総務、法務・知財関連部署52名、情報システム関連部署52名が含まれている。調査結果によると、自社の情報やデータの漏えいに対して、85.5%(89名)が危機意識を持っており、自社が保有する情報やデータで、最も守りたいものは「お客様情報」が58.7%(61名)を占めた。

自社や世間で起こっているサイバー攻撃に対する印象は、「手法やターゲットが変化してきている」が75%(78名)となり、「特にこれまでと変わらない」が25%(26名)となっている。情報やデータ漏えいの対策として導入している、もしくは導入している可能性が高いソリューションは、ファイアウォールが66.3%(69名)で1位、不正プログラム(ウイルス)対策が61.5%(64名)で2位となった。ユーザ(社員、関係会社、協力会社含む)のデータへのアクセス権限の付与状況では、26.9%が「把握していない」と答えた。

自社の情報やデータの漏えいに対する危機、85.5%が意識(Imperva Japan)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top