若田宇宙飛行士、ISSの船長に 3月9日コマンダー就任 | RBB TODAY

若田宇宙飛行士、ISSの船長に 3月9日コマンダー就任

ブロードバンド テクノロジー

NASAの燃焼実験ラック(CIR)で作業する若田宇宙飛行士(2月5日) (c) JAXA/NASA
  • NASAの燃焼実験ラック(CIR)で作業する若田宇宙飛行士(2月5日) (c) JAXA/NASA
  • NASAの燃焼実験ラック(CIR)で作業する若田宇宙飛行士(2月5日) (c) JAXA/NASA
 JAXAは2月25日、ISS長期滞在活動を行なっている若田宇宙飛行士が、ISS第39次コマンダーに就任すると発表した。就任予定日時は日本時間(以下同じ)3月9日17時50分頃。若田宇宙飛行士のISSコマンダー就任は、日本人初だ。

 コマンダーとは、搭乗員(6名)の中から1名が任命される全体の指揮官。ミッション実施、搭乗員の安全、ISS構成要素/ペイロードの機能維持に責任を持つ。いわばISSの船長だ。

 若田宇宙飛行士は2013年11月7日より、フライトエンジニアとしてISS長期滞在活動を行なっている。若田宇宙飛行士は2014年3月9日にISS船内で執り行われる『Change of Command Ceremony(指揮権委譲式)』の開催をもってコマンダー就任となる。前任:第38次ISSコマンダーはオレッグ・コトフ宇宙飛行士(ロシア)。

 セレモニーは、インターネットでライブ中継予定。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top