NTTドコモ、「GALAXY Note 3 SC-01F」などが「docomo ID」認証に対応……遠隔初期化も | RBB TODAY

NTTドコモ、「GALAXY Note 3 SC-01F」などが「docomo ID」認証に対応……遠隔初期化も

IT・デジタル モバイル

「GALAXY Note 3 SC-01F」
  • 「GALAXY Note 3 SC-01F」
  • 「GALAXY J SC-02F」
 NTTドコモは12日、Androidスマートフォン「GALAXY Note 3 SC-01F」と「GALAXY J SC-02F」(ともにサムスン電子製)向けに最新ソフト更新の提供を開始した。「docomo ID」認証に対応する。

 今回のアップデートでは、「docomo ID」認証の本格導入対応、遠隔初期化に対応、新「ドコモバックアップアプリ」の提供開始などが行われる。「docomo ID」認証では、docomo IDを端末に設定することで、対応するサービスアプリでのdocomo ID入力が不要になる。「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」はアップデートと同時に更新され、「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」はユーザー自身が手動でアップデートする必要がある。また、Wi-Fiオプションパスワードもdocomo IDに統合される。

 遠隔初期化は、端末を紛失した際などにパソコン(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できるサービス。「ドコモバックアップアプリ」では、SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書についてデータ保管BOXへのアップロードが可能となる。

 このほか、「GALAXY Note 3 SC-01F」、「GALAXY J SC-02F」ともにdビデオまたはdアニメのコンテンツを再生中、まれに正しく再生されない場合があるという不具合が改善される。

 自動更新には対応してなく、手動で端末本体かPC経由で行う。更新にかかる時間は「GALAXY Note 3 SC-01F」が端末本体で行う場合が約14分、PC経由で約102分、「GALAXY J SC-02F」が端末本体で約12分、PC経由で約101分となる。更新後のビルド番号は「GALAXY Note 3 SC-01F」が「JSS15J.SC01FOMUBNA8」、「GALAXY J SC-02F」が「JSS15J.SC02FOMUBNA6」となる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top