マイクロソフト、Windows XPからの移行促進キャンペーンを開始……ライセンスを割引 | RBB TODAY

マイクロソフト、Windows XPからの移行促進キャンペーンを開始……ライセンスを割引

エンタープライズ マイクロソフト

「Windows XP、Office 2003 サポート終了の重要なお知らせ」ページ
  • 「Windows XP、Office 2003 サポート終了の重要なお知らせ」ページ
  • マイクロソフトでは、移行に関するリーフレットも公開中
  • 「PC購入支援キャンペーン」ページ
 日本マイクロソフトは1月28日、Windows XPおよびOffice 2003を利用する中堅中小企業、公共機関、および医療機関を対象に、アップグレードライセンスの価格を最大25%割引価格で提供するキャンペーンを発表した。2月1日から4月30日までの期間限定で実施する。

 Windows XP(2001年10月発売)、およびOffice 2003(2003年9月発売)は、2014年4月9日にサポートが終了となる。そのため、本キャンペーンを活用し、最新PC環境への移行を推進するのが狙いとしている。対象はPC台数が250台未満の中堅中小企業、公共機関、医療機関。

 「ビジネスに最適な、良いとこ取りOS Windows 8.1移行促進キャンペーン」では、Windows XPなど対象のオペレーティングシステムから最新のWindows 8.1 Proへのアップグレードライセンス価格を20%割引する。「Office 365への移行促進 キャンペーン」では、クラウドサービス「Office 365」のライセンス価格を、単年購入時に20%、複数年一括購入時に25%割引する。

 なお日本マイクロソフトでは、今年度(2014年3月末日まで)の予算化が難しい組織を対象に、「PC購入支援キャンペーン」を3月末まで提供している。本キャンペーンを利用することで、金利ゼロでPCの調達と導入を今年度内に終了し、来年度予算で費用を支払うことが可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top