Windows XP利用企業のIT管理者……「サポート終了後も使い続ける」 | RBB TODAY

Windows XP利用企業のIT管理者……「サポート終了後も使い続ける」

エンタープライズ 企業

勤務先の業務用のPCで現在使用している全てのOS
  • 勤務先の業務用のPCで現在使用している全てのOS
  • Windows XPを新しいOSに移行する予定
  • 現在もWindows XPを利用している理由
 勤務先の業務用PCでWindows XPを使用している企業のIT管理者のうち、約半数がサポート終了の4月以降も利用すると回答。そんな調査結果をトレンドマイクロが公開した。

 ウェブアンケート調査によりIT管理者515名から回答を得た結果だが、53.8%のIT管理者が勤務先の業務用PCでWindows XPを使用しており、そのうち約半数の回答者がマイクロソフトの延長サポートが終了する4月以降も業務用端末として利用すると回答した。また、2014年4月以降もWindows XPを利用する回答者のうち約2割はそもそも移行する予定がないことが分かった。

 Windows XPを使い続けているのは「時間の関係で移行しきれない(43.0%)」、「Windows XPでないと動かない業務アプリケーションがある(42.6%)」、「移行のためのコストがかかる(37.5%)」が主な理由。「現状でも業務に支障がない」とした回答者も2割以上いた。

 延長サポート終了を見据えたセキュリティ対策については、ウイルス対策ソフトについては「導入済み」が63.9%、「検討中」が12.6%と、検討中を含めると7割以上が対策。しかし、脆弱性対策製品の導入は、「導入済み」が27.8%、「検討中」が21.7%。サポート切れOSに対し、脆弱性対策の観点からの対策は浸透していないことがわかった。

 同社では、サポートが終了したOSは修正プログラムの配布が行われず、脆弱性を利用した攻撃のリスクが残り続けるため、速やかにOSのアップデートを行うことを推奨するとしている。
《RBB TODAY》

特集

page top