草間彌生やアラーキー、皆川明手掛ける"泊まれるアート"が道後温泉に出現 | RBB TODAY

草間彌生やアラーキー、皆川明手掛ける"泊まれるアート"が道後温泉に出現

エンタメ フォトレポート

宝荘ホテル
  • 宝荘ホテル
  • 宝荘ホテル
  • 宝荘ホテル
  • 宝荘ホテル
  • 宝荘ホテル
  • 宝荘ホテル
  • 宝荘ホテル
  • 宝荘ホテル
4月に愛媛県・松山市道後で開催されるアートフェスティバル「道後オンセナート2014」で、泊まれるアート「ホテル ホリゾンタル」が先行公開されている。荒木経惟、草間彌生、石本藤雄、皆川明、谷川俊太郎が手掛けた部屋が五つの旅館・ホテルに登場した。

道後オンセナート2014は、日本最古の温泉“道後温泉本館”の改築120周年の大還暦を記念して行われるアートフェスティバル。グランドオープンの4月10日からフィナーレの12月31日まで、国内外のアーティストが参加し、様々なアート体験が楽しめる。昨年12月24日にプレオープンが開催。地元の小中学生らおよそ600人が灯のともった風船を持って練り歩く市民参加型パレード「GINGA」のインスタレーションによって、道後の街が美しい光で彩られた他、様々なアート企画が展開された。

ホテル ホリゾンタルは、「最も深い夢(The deepest dream)」をテーマに、アーティストが道後地区の旅館・ホテル計10部屋を作品化するという同フェスティバルの目玉企画。荒木経惟の写真作品「緊縛」が配され、16畳を超える和室が荒木色に染まる古湧園、草間彌生の新作を含むカボチャや水玉の作品が飾られた宝荘ホテル、元「マリメッコ(marimekko)」のテキスタイルデザイナー石本藤雄が手掛けた茶玻瑠、「ミナ ペルホネン(mina perhonen)」デザイナーの皆川明による花ゆづき、作家・谷川俊太郎の仕事部屋をコンセプトに演出された道後館の5部屋が現在公開されている。

宿泊者には、特典を用意。一般公開時間には見学も可能。また、草間彌生が手掛ける宝荘ホテル1階ロビーには、草間彌生デザインのカップでお茶やスイーツ提供する「水玉カフェ」がオープンしている。ホテル ホリゾンタルで展開される残り5部屋のアーティストの発表は、2月を予定している。


【イベント情報】
道後オンセナート2014
会場:道後温泉およびその周辺エリア
会期:グランドオープン/2014年4月10日
フィナーレ/2014年12月31日
《中込公一》

関連ニュース

特集

page top