ソニーモバイル、「Xperia」の新モデル6型「Xperia T2 Ultra」と4型「Xperia E1」 | RBB TODAY

ソニーモバイル、「Xperia」の新モデル6型「Xperia T2 Ultra」と4型「Xperia E1」

IT・デジタル モバイル

6インチの大画面液晶を搭載した「Xperia T2 Ultra」
  • 6インチの大画面液晶を搭載した「Xperia T2 Ultra」
  • 「Xperia Z1」などにも搭載される「Portrait retouch」などをプリイン
  • 「Portrait retouch」
  • 音楽機能特化モデル「Xperia E1」
  • 背面に100dBのスピーカーを搭載
  • オーディオとの連携も
 ソニーモバイルは14日(現地時間)、Androidスマートフォン「Xperia」シリーズの新モデルで6インチの「Xperia T2 Ultra」と4インチの「Xperia E1」を発表した。ともにグローバルモデルでデュアルSIMを装備する。

 「Xperia T2 Ultra」は、6インチの大画面液晶を搭載したミドルレンジのAndroidスマートフォン。ディスプレイは6インチのトリルミナスディスプレイで解像度720×1,080ピクセル、OSはAndroid 4.3、プロセッサはクアッドコアのSnapdragon MSM8928(1.4GHz)、メモリ1GB、ストレージは8GBを搭載する。

 カメラはメインが1300万画素、サブが110万画素で、「Xperia Z1」などにも搭載される「Portrait retouch」や「Timeshift burst」、「Sweep Panorama」などのアプリもプリインストールされている。本体サイズは高さ165.2mm×幅83.8mm×奥行7.65mm、重量は172g。バッテリは3,000mAh。

 「Xperia E1」は、ウォークマンキーを搭載した音楽機能特化モデル。ClearAudio+ mode、xLOUDといった音質技術を内蔵するほか、背面に100dBのスピーカー、端末を振って曲送りできる機能などを装備する。

 ディスプレイは4インチで解像度は800×480ピクセル、OSはAndroid 4.3、プロセッサはデュアルコアSnapdragon MSM8210(1.2GHz)、メモリは512MB、ストレージは4GBというスペック的にはエントリーモデルとなる。本体サイズは高さ118mm×幅62.4mm×奥行12mm、120g、バッテリは1,700mAh。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top