【ウルヴァリン:インタビュー】TAO…将来は女版ヒューに | RBB TODAY

【ウルヴァリン:インタビュー】TAO…将来は女版ヒューに

エンタメ 映画・ドラマ

TAO
  • TAO
  • TAO(向かって左)と福島リラ
  • TAO (C) 2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
  • ヒュー(向かって左)とTAO (C) 2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
  • ヒュー・ジャックマン (C) 2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
  • ウルヴァリン:SAMURAI(BD)
 ファッションモデルから女優へ活動の場を広げるTAO。映画『ウルヴァリン:SAMURAI』では、謎の組織に襲われ、逃避行のさなか主演のヒュー・ジャックマンと恋に落ちるマリコ役を演じた。

 自分の感情を表に出せないマリコ役について、TAOは「いつも自分の中にマリコがある感じです」と、自分を重ねて演じたというが、出会ってしまった女優という職業に恋をして、表現の世界で生きていこうとしている。

 女優初挑戦でハリウッドデビューともなった作品、映画『ウルヴァリン:SAMURAI』について、TAOが語った。

--- 劇中のヒュージャックマンとの食事のシーンが印象的でした。

TAO:ヒュー(・ジャックマン)とご飯を食べるシーンは、オーディションの頃からテストしているもので、長い時間かけて作り上げたシーンなんです。撮影現場でも、もっと激しく言い合っているパターンもあったり、実は何パターンも撮影していて、私自身は“次はどんな注文がくるんだろう”と楽しみにしていたんですが、“今日の撮影はこれで終わりです”と言われた時には、すごく寂しく思うぐらい愛着があるシーンですね。

オーディションや撮影中に、私が”もっと鬱な感じでやればいいのかな?”と思っていると、監督のジェームスが「マリコは感情が壊れているんだから、そんなことは気にしない、もっとさらっと言って」とか言われたり、かなり思い入れもあったようで、皆さんにもあのシーンを気に入って頂いてとても嬉しいです。

--- 監督からは、演技に対してどのようなオーダーがありましたか?

TAO:“マリコは感情を上手く出せない生活をしてきて、死んでいるんだ”という彼のビジョンがありました。私が演技に慣れてきてエモーショナルに表現しようとすると、「マリコは死んでるんだから! もっと抑えて、抑えて」ってオーダーがけっこうありましたね。

《編集部》

関連ニュース

特集

page top