スマホ画面には殺人容疑者の真の姿? 綾野剛、井上真央ポスター | RBB TODAY

スマホ画面には殺人容疑者の真の姿? 綾野剛、井上真央ポスター

 湊かなえの小説を原作とした、来年3月29日公開の映画『白ゆき姫殺人事件』ポスターが初解禁された。

エンタメ 映画・ドラマ
『白ゆき姫殺人事件』ポスター (C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社
  • 『白ゆき姫殺人事件』ポスター (C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社
  • 『白ゆき姫殺人事件』チラシ (C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社
 湊かなえの小説を原作とした、来年3月29日公開の映画『白ゆき姫殺人事件』ポスターが初解禁された。

 湊かなえは、300万部を超えるベストセラー「告白」でデビュー以来、次々と話題作を手掛ける注目作家。作品の映画化は、『告白』('10)、『北のカナリアたち』('12)以来で、昨年夏に刊行された「白ゆき姫殺人事件」は、不可解な殺人事件を巡るサスペンス長編。

 ポスターには、容疑者・城野美姫を演じる井上真央を中心に、主要6人の姿が並べられ、綾野剛、蓮佛美沙子、菜々緒、金子ノブアキ、貫地谷しほりが手に持つスマートフォンには、それぞれ演じるキャラクターが思い描く城野美姫の姿が。「噂」を伝える象徴的なアイテムであるスマートフォン画面が、「噂が暴走する怖さ/面白さ」を表現している。

 「女の噂話の怖さ」や「憶測報道の怖さ」をフィーチャーした原作は、「小説すばる」での掲載と並行してWEBで関連資料がアップされるという新たな試みも話題となり、出版前から映画化のオファーが殺到。監督は『アヒルと鴨のコインロッカー』('08)、『ゴールデンスランバー』('10)の中村義洋が務める。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top