NTTアイティ、デジタルサイネージを4K対応に | RBB TODAY

NTTアイティ、デジタルサイネージを4K対応に

 NTTアイティは12月12日、NTTグループが進めるデジタルサイネージソリューション「ひかりサイネージ」の “IWモデル”を刷新し、高精細な4K(3840×2160)コンテンツをサポートすることを発表した。12月16日から4K対応版の販売を開始する。

エンタープライズ ハードウェア
ひかりサイネージ
  • ひかりサイネージ
  • ラインアップと価格
 NTTアイティは12月12日、NTTグループが進めるデジタルサイネージソリューション「ひかりサイネージ」の “IWモデル”を刷新し、高精細な4K(3840×2160)コンテンツをサポートすることを発表した。12月16日から4K対応版の販売を開始する。

 ひかりサイネージ“IWモデル”は、Windows PCをSTB(セットトップボックス)とするクラウド型デジタルサイネージサービス。ディスプレイとWindows PCのグラフィックボードにあるディスプレイ接続端子(HDMI端子)を接続し、デジタルサイネージのコンテンツを表示する。

 4K対応版は、4K対応グラフィックボードを搭載したWindows PC上で動作させることで、4Kコンテンツの表示を実現可能となっている。動画はハイビジョンまでの対応となり、ディスプレイのアップスケーリング機能での4K表示となる。4K動画の正式対応は来年度の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top