TSUTAYA、映画をスマホで視聴できる「映像プリペイドカード」発売 | RBB TODAY

TSUTAYA、映画をスマホで視聴できる「映像プリペイドカード」発売

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(エンタテインメント事業本部)は12月12日、プリペイドカード「映像プリペイドカード」を全国のTSUTAYA店舗(1,130店舗)にて販売開始した。映画ソフトをPOSA技術を活用して販売する、国内初の取り組みとなる。

エンタープライズ その他
『パシフィック・リム』の映像プリペイドカード
  • 『パシフィック・リム』の映像プリペイドカード
  • 映画作品の主なタイトル
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(エンタテインメント事業本部)は12月12日、プリペイドカード「映像プリペイドカード」を全国のTSUTAYA店舗(1,130店舗)にて販売開始した。映画ソフトをPOSA技術を活用して販売する、国内初の取り組みとなる。

 「映像プリペイドカード」は、プリペイドカードを購入することで、タブレットやスマートフォンなどで作品を何度も楽しめるサービスとなる。店舗でカードを購入後、150日以内にカード裏面のURLから利用者登録を行い、カードに記載された10桁のPINコードを入力すると、映像作品が「購入済リスト」に追加される。

 映画は、ストリーミングもしくはダウンロードによって購入(EST=Electronic Sell Through)する形となり、タブレット、スマートフォン、PC、テレビのマルチデバイスに対応する。また、T-MEDIAホールディングスが運営する映像配信サービス「TSUTAYA TV」のシステムを利用し、多数の作品が試聴可能となっている。なお、タブレット、スマートフォン、PCでの視聴時には視聴用アプリ(無料)のインストールが必要。

 当初販売タイトル数は、『アフター・アース』『パシフィック・リム』『ジャンゴ 繋がれざる者』『藁の楯』『ロード・オブ・ザ・リング 3部作セット』など19タイトル。販売価格は映画ソフトが2,381円から。取扱タイトルは順次拡大の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top