初期費用ゼロ円の新語学留学『クラウドワーキングホリデー』、東京・大阪で説明会 | RBB TODAY

初期費用ゼロ円の新語学留学『クラウドワーキングホリデー』、東京・大阪で説明会

エンタメ その他

留学資金のイメージ
  • 留学資金のイメージ
  • フィジーの無償高校の帰国子女枠を活用
  • 東京会場(本社)
  • 大阪会場(支社)
 サウスパシフィックフリーバード(SPFB)は11月30日、初期費用がいっさいかからない新しい語学留学『クラウドワーキングホリデー』を開始した。

 『クラウドワーキングホリデー』は、インターネット経由で仕事の受発注を行う“クラウドソーシング”を活用したもの。日本での仕事を現地で行うことで授業料・滞在費を支払うというシステムになっており、クラウドワークス社が仕組みを提供する。これにより、初期費用ゼロ円でフィジーへの語学留学を可能とするものだ。仕事内容に関しては、クラウドワークスが提供する仕事から、個人のスキルにマッチングしたものになる。

 留学先となるフィジー共和国では、年間所得16,000ドル(約92万円)までは、所得税も非課税で税務申告が不要となる。またクラウド上(日本のPCサーバ上)での仕事には就労ビザは不要という独自の法制度を利用している。フィジーは、平均年収約40万円のため、年間92万円の収入があれば、学費や学生寮を月極で支払っても十分な生活を送ることができるという。なお、最初の渡航費、保険料等、一部は自己負担になる。

 具体的には、フィジーの語学学校『FBI』で毎日2時間半勉強しながら、放課後にクラウドワーキングで学費・滞在費を得るという形となる。SPFB社とクラウドワークスでは、英語圏での語学留学や海外で働くことを考えているフリーランサーを対象に、東京・大阪の2会場で説明会を開催する予定だ。

【大阪会場の詳細】
日程:2013年12月7日(土)16時
場所:South Pacific Free Bird大阪支社2Fセミナールーム 
住所:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3-8-7三栄ムアビル2F
主催:South Pacific Free Bird/クラウドワークス

【東京会場】
日程:2013年12月15日(日)13時
場所:South Pacific Free Bird 東京本社
住所:〒162-0843 東京都新宿区市ヶ谷田町2-6-4エアマンズビル3F
主催:South Pacific Free Bird/クラウドワークス

 SPFBは、世界で2番目に大きな語学学校に成長している。2004年、SPFBがフィジー共和国で始めた語学学校は、安価に英語を伸ばしたい人たちのために生まれた。少子化が進むフィジーで空いた学校の教室を政府から借り、失職した教員を雇用し、仕事のなかったフィジー人家庭へのホームステイという形でスタートした。日本からは毎年1500名の学生がフィジーに留学している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top