ソフトバンク、2013年冬春のフラッグシップモデル「AQUOS PHONE Xx 302SH」を12月6日に発売 | RBB TODAY

ソフトバンク、2013年冬春のフラッグシップモデル「AQUOS PHONE Xx 302SH」を12月6日に発売

IT・デジタル モバイル

左右と上部の筐体部とディスプレイ部の境を限りなく薄くした3辺狭額縁設計でディスプレイ占有率は80.5%を実現している「AQUOS PHONE Xx 302SH」
  • 左右と上部の筐体部とディスプレイ部の境を限りなく薄くした3辺狭額縁設計でディスプレイ占有率は80.5%を実現している「AQUOS PHONE Xx 302SH」
  • 「AQUOS PHONE Xx 302SH」ラビスブルーモデル
  • 「AQUOS PHONE Xx 302SH」ピンクモデル
  • 「AQUOS PHONE Xx 302SH」ブラックモデル
  • 「AQUOS PHONE Xx 302SH」ホワイトモデル
 ソフトバンクモバイルは4日、2013年冬春モデルのフラッグシップモデルとなるAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE Xx 302SH」(シャープ製)を12月6日に発売すると発表した。ボディカラーはラピスブルー、ホワイト、ブラック、ピンクが用意される。

 「AQUOS PHONE Xx 302SH」は、デザイン面で左右と上部の筐体部とディスプレイ部の境を限りなく薄くした3辺狭額縁設計、通信面では従来のSoftBank 4G(AXGP)に加え、「iPhone 5s」や「iPhone 5c」と同じSoftBank 4G LTE(FDD-LTE)を利用できる「Hybrid 4G LTE」に対応したのが特長。端末面積に占めるディスプレイ占有率は80.5%を実現している。

 ディスプレイは5.2インチフルHD(1,080×1,920ピクセル)、OSはAndroid 4.2、プロセッサはクアッドコアのMSM8974(2.2GHz)、メモリ2GB、ストレージは32GBを内蔵する。カメラも高機能で、メインは1,630万画素CMOS、F1.9の明るいレンズを採用し手ぶれ軽減機構も搭載した。防水(IPX5/IPX7)、NFC、フルセグ、おサイフケータイ、テザリング、GPS、赤外線通信に対応する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top