「“ただ乗り”をするなさせるな無線LAN」……IPA、12月の呼びかけ | RBB TODAY

「“ただ乗り”をするなさせるな無線LAN」……IPA、12月の呼びかけ

 情報処理推進機構(IPA)は12月2日、2013年12月の呼びかけ「“ただ乗り”をするなさせるな無線LAN」を公開した。

ブロードバンド セキュリティ
“ただ乗り”されているイメージ図
  • “ただ乗り”されているイメージ図
  • 無線LANに接続できる機器
 情報処理推進機構(IPA)は12月2日、2013年12月の呼びかけ「“ただ乗り”をするなさせるな無線LAN」を公開した。

 無線LANの“ただ乗り”とは、適切なセキュリティ設定がされていない家庭用親機に無断で子機を接続して、インターネットを含むネットワーク環境を勝手に利用する行為だ。無線LANに“ただ乗り”されると、犯行予告や不正送金、違法ダウンロードなどの犯罪等に悪用される可能性がある。また無線LAN環境の持ち主自身に不正アクセスなどの嫌疑がかけられてしまうことも考えられる。

 また“ただ乗り”している側にも、やりとりした情報をアクセスポイントで盗聴されたり、ウイルスを仕込まれたりする危険性があり、モラル面だけでなく、具体的な危険が存在するという。

 IPAでは、2011年4月にも、“ただ乗り”されないように注意喚起を行っている。しかし改善は進んでおらず、一方で、2013年10月に、無線LAN環境を無断で利用する“ただ乗り”により、殺人予告等を書き込んだとして、未成年者が逮捕された事例も発生している。そのため、今回あらためて注意喚起を行ったとのこと。

 IPAでは対策として、「適切な暗号化方式の選択」(WPA2-PSK、AESの推奨)と「適切なパスワードの設定」(半角で最低でも20文字)により、親機にセキュリティ設定を行うよう呼びかけている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top