真心こもったブラジャーで“おもてなし”……トリンプ、今年の世相ブラ発表 | RBB TODAY

真心こもったブラジャーで“おもてなし”……トリンプ、今年の世相ブラ発表

エンタメ フォトレポート

「おもてなしコンパクトブラ」 (c) Getty Images
  • 「おもてなしコンパクトブラ」 (c) Getty Images
  • 「おもてなしコンパクトブラ」 (c) Getty Images
  • 「おもてなしコンパクトブラ」 (c) Getty Images
  • 「おもてなしコンパクトブラ」 (c) Getty Images
  • 「おもてなしコンパクトブラ」 (c) Getty Images
  • 「おもてなしコンパクトブラ」 (c) Getty Images
  • 「おもてなしコンパクトブラ」 (c) Getty Images
  • 「おもてなしコンパクトブラ」 (c) Getty Images
 「婚活ブラ」や「少子化対策ブラ」、「裁判員制度ブラ」……などといった、その年ごとに世相を反映させたユニークなブラジャーを発表している下着メーカーのトリンプが28日、今年の最新作となる「おもてなしコンパクトブラ」(非売品)を発表した。

 2020年夏季五輪の開催都市を決めるIOC総会でフリーアナウンサー・滝川クリステルがPRして話題となった「おもてなし」。今回の新作ブラでは、日本を表現するキーワードとして、行き届いた心遣いやサービス技術による歓待の精神を示すこの“おもてなし”に着目。

 まず人目を引くのはカップにプリントされた「真」と「心」。そしてベルトはそれぞれ人の手の形をしており、それらを“握手”させて背中で留めることで、友好を表すデザインとなっている。

 また、ブラジャーのカップに世界一薄くて軽いポリエステルの生地を使用。コンパクトに折りたためるよう、カップにはワイヤーの代わりに形状記憶ゴムバンドを、サイドから背中にかけては薄くて軽い切りっぱなし仕様のパワーネットを使用しており、折りたたむと“おもてなし”の心を表現した合掌の形になる。

 さらにカップの中に装備した「真心ポーチパッド」には、おしぼり用のタオルとお冷用のたためるコップが入っており、日本ならではの飲食店での“おもてなし”の心を表現している。

 そのほか、ブラジャーの中心部分には、合掌をイメージしたモチーフを飾り“おもてなし”の心をキュートに表現。さらに、ブラジャーとコーディネートのボトムは、取り外してコンパクトに折りたたむと、正座が苦手な外国人にも使いやすい正座椅子になるなど、細やかな心遣いが詰め込まれた仕様となっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top