ドコモ、小型GPS端末で人や物を管理できる「かんたん位置情報サービス」提供開始 | RBB TODAY

ドコモ、小型GPS端末で人や物を管理できる「かんたん位置情報サービス」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

利用イメージ
  • 利用イメージ
  • 対応端末
  • 画面イメージ
  • 装着イメージ
 NTTドコモは11月21日、自分の位置通知と第三者による位置検索に機能を絞った、法人向けのクラウド型位置情報プラットフォームサービス「かんたん位置情報サービス」を発表した。2014年1月下旬より提供を開始する。

 「かんたん位置情報サービス」は、スマートフォンや携帯電話などから、小型GPS端末などの位置を検索できるサービス。高齢者や子供の見守り、建機や車両の位置情報管理、バイクや自転車の盗難防止など幅広い分野・業界での利用が見込まれており、法人ユーザーは、本サービスを利用することで、簡易・安価・短期間で位置情報事業を展開することが可能。

 GPS端末は、W38.5×D45.5×H11.85の小型タイプと、W48×D69×H17.5の防犯ブザータイプ、FOMA UM03-KO専用アダプタセットGの3種が用意されている。

 なお秋田県では、2013年11月21日~2014年2月28日の期間、靴・サンダル・服などに小型GPS端末を取り付け、認知症高齢者の見守りサービスとしての有用性・実用性検証のための実証実験を行う。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top