人気マンガ家、偽イラスト色紙を出品される……今後の対応を検討中 | RBB TODAY

人気マンガ家、偽イラスト色紙を出品される……今後の対応を検討中

エンタメ その他

『ゆるゆり』(一迅社)公式サイト
  • 『ゆるゆり』(一迅社)公式サイト
 『ゆるゆり』で知られる人気マンガ家・なもりさんが12日、自身の直筆イラストを装ってオークションに出品されていた色紙を偽物だとTwitterで明言。『ゆるゆり』掲載誌である「コミック百合姫」(一迅社)編集長は、偽色紙への対応を検討中だと語っている。

 問題の色紙は、「コミック百合姫」の読者抽選プレゼント景品として出品されていた。色紙には、“なもり”というサインと人気キャラクター・吉川ちなつが描かれていたが、なもりさんの画風と大きく異なっているとネット上で話題に。

 ファンがなもりさんのTwitterアカウントに「明らかになもり先生の絵ではなさそうな色紙がオークションにあったと話題なのですが真偽のほどはどうなのでしょうか」と伝えたところ、なもりさんは「に、にせものー!!」と返答。「コミック百合姫」の編集長である中村成太郎氏は、「久々に心から笑わせてもらったから、許した…! とはならない。対応を検討中です」とTwitterで語っている。現在、問題のオークションは終了済み。

 6日には、嵐など人気アイドルグループの偽サインを自作してオークションで出品していた女性3人が詐欺容疑で逮捕されたと報じられている。諫山創『進撃の巨人』も以前、偽イラスト色紙が出品されていると騒ぎになっていた。オークションサイトを利用する際は注意が必要だろう。
《原田》

関連ニュース

特集

page top