NEC、カメラを使わずに形・動きを把握する世界初のシステムを発表 | RBB TODAY

NEC、カメラを使わずに形・動きを把握する世界初のシステムを発表

 日本電気(NEC)は11月11日、カメラを用いることなく、人・モノの形や動きを正確に把握するプレゼンスセンシングシステムを独自開発したことを発表した。

エンタープライズ セキュリティ
センサシート外観
  • センサシート外観
  • プレゼンスセンシングシステムの仕組み
 日本電気(NEC)は11月11日、カメラを用いることなく、人・モノの形や動きを正確に把握するプレゼンスセンシングシステムを独自開発したことを発表した。

 このシステムは、「弱い電波を発することで、足あと等の様子を捉える、薄さ数ミリのセンサシート」「センサで検知したデータから、足裏の形状や向き・複数の足あとが動く方向などを把握する、解析技術」を組み合わせることで実現した。

 シートは、重さや形状に関わらず物体を検出可能なため、車椅子、盲導犬、白杖等も検出できる。また電波により検出するため、硬い床の中に埋め込んで使うこともできる。同等精度の既存センサを使用した場合と比較し、数十分の一のセンサコストで環境構築が可能。

 高齢者福祉施設や病院のフロア等に設置することで、プライバシーに配慮しつつ、異変の早期発見が可能となる見込みだ。立入禁止エリアへの不審者侵入有無や侵入者の動線の把握、特定エリアの混雑状況の把握などにも応用できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top